散歩道から
by sanpomichikara
和豚もち豚
昨年より「和豚もちぶた」のレシピの提供をさせていただいています。今回は「和豚もちぶたの薄切り編」です。生姜焼きのおにぎらずと肉巻きおにぎりを作りました。お花見にこんなお弁当はいかがですか?
a0079259_222315.jpg

a0079259_2223651.jpg

a0079259_2223497.jpg

a0079259_2223916.jpg

[PR]
# by sanpomichikara | 2017-03-22 22:13 | 料理
白パン
久しぶりに白パンを焼きました。
餡とクリームととちおとめで”とちおとめ白パン”にしたり、とちおとめのジェラートで”とちおとめジェラートサンド”にしたり、イチゴの季節を楽しんでいます。
a0079259_21542289.jpg

a0079259_21542694.jpg

a0079259_21544634.jpg

a0079259_21544048.jpg

a0079259_21544256.jpg

そしてこちらは、トマトとブラッドオレンジと”とちおとめのスムージー”と”とちおとめリゾット”
a0079259_215908.jpg

a0079259_2159353.jpg

a0079259_2159784.jpg

a0079259_21591160.jpg

[PR]
# by sanpomichikara | 2017-03-22 21:57 | 料理
3月のテーブル
年末年始の慌ただしさから解放された1月下旬に台湾に行ってきました。
私にとって初めての台湾旅行でした。同行の友人のお知り合いに日本の商社の台北駐在の方がいらして色々とご案内をいただきました。私の目的の一つに蒸籠の購入が入っていましたので、蒸籠のお店を尋ねたところ、職人さんの工房を教えてくださいました。目的の物がとてもお安いお値段で求めることができて満足し、台北一の問屋街・迪化街では竹製品や食材を求め二泊三日の台湾旅行はあっという間に終わってしました。
そして三月。自宅レッスンでは台湾料理ともいうべき「飲茶」の再現です。小籠包はいかに上手にスープが残るか、海老餃子は透明で繊細な包み方ができるか、とても難しいのですが、何とか形になりました。皮蛋豆腐の皮蛋はメーカーによって硬さも香りも少し違うようですが、好みの皮蛋にもありつけました。工芸茶(花茶)も台湾ムードを盛り上げてくれます。まだしばらくは台湾飲茶の熱は続きそうです。
a0079259_15525869.jpg

a0079259_15524833.jpg
a0079259_15591413.jpg

a0079259_15591775.jpg

a0079259_15442957.jpg

a0079259_1545745.jpg

a0079259_1545314.jpg

a0079259_15463093.jpg

a0079259_1550181.jpg

a0079259_15542192.jpg

a0079259_15542499.jpg

a0079259_15544590.jpg

a0079259_15544968.jpg

a0079259_1555174.jpg

[PR]
# by sanpomichikara | 2017-03-03 16:17 | レッスン
2月のテーブル
二月の自宅レッスンです。今月のテーマはとちまるくん太巻きです。
いつ頃からでしょうか、各地で“ゆるキャラ”というものが誕生しました。栃木県のゆるキャラは「とちまるくん」です。昨年の県のイベントでとちまるくん太巻きを発表させていただきました。まん丸お顔のとちまるくんはみんなの人気者。表情を表現するのに苦労しましたが、意外と簡単に巻ける太巻きに巻く人の顔も思わず笑顔になります。
そして、ブリの美味しい季節にブリのカルパッチョ、ニラの卵とじ、ゴボウと豚肉のかき揚げ、スイーツはお雛様を前に桜餅です。
お庭では梅の花がほころびました。春はそこまでやって来ています。暖かさに油断しないで元気に春を迎えましょう。
a0079259_17302812.jpg

a0079259_17304389.jpg

a0079259_17304879.jpg
a0079259_1731163.jpg

a0079259_17311193.jpg

a0079259_17312352.jpg

a0079259_17311938.jpg

[PR]
# by sanpomichikara | 2017-02-21 17:47 | レッスン
パリNo.5
おせち料理の引き渡しが終了してからは、神戸で長年オーナーシェフとした活躍したシェフがモンパルナスにオープンしたというレストラン「モンテ」に行きました。日本人らしい繊細な味と盛り付けがフランス人に好まれる理由でしょう。沢山の人で賑わっていました。そして食事の後モトピケのアパートに戻ります。モトピケはエッフェル塔の近くなのでカウントダウンのお祭りに行くこともできましたが、おせち料理の達成感とディナーのほろ酔い加減でアパートに戻った時はすでにその元気は失せていました。パリの大晦日は夜中まで花火の音や若者の声が寒空に響いていました。そして年が明け元旦のお昼前にCDG空港からウィーンに移動しました。ウィーン空港ではスロバキアの友人が迎えに来てくれてそのままブラチスラバに向かいました。すでに私の中ではスロバキアは故郷のようで「ただいま」といった気持ちで入国します。ブラチスラバはパリよりもさらに気温が低く、旧市街の並木は霧氷に覆われていました。生まれて初めて見る街の中の霧氷に感動です。翌日はズボレンでズボレンに住む友人に会い、お城の見学をしました。
a0079259_2224024.jpg

a0079259_2225451.jpg

a0079259_2225619.jpg

a0079259_222596.jpg

a0079259_2231226.jpg

a0079259_2231593.jpg

a0079259_2232341.jpg

a0079259_2232872.jpg

a0079259_2234053.jpg

a0079259_223447.jpg

a0079259_2234652.jpg

a0079259_2235357.jpg

a0079259_2235544.jpg

a0079259_224057.jpg

a0079259_224319.jpg

[PR]
# by sanpomichikara | 2017-02-07 22:05 | 風景・出来事
パリNo.4
食材の買い出しとアパートメントでの調理は順調に進みました。
夜はマイナス5度にもなるパリのバルコニーでは、トランクは冷蔵庫となります。そして31日は朝早くからフロマージュヒサダの二階のカフェで重箱に詰める作業が行われました。マダムもお手伝いに参上し、アシスタントのHIROKOちゃんと三人で手際よく進んでいきます。チーズの段はフロマージュヒサダオーナーのERIちゃん家族が担当です。そして13時から引き渡しが始まりました。今回ご注文を頂いたお客様はパリに住む日本人ばかりでなく、イタリア人やフランス人もいらっしゃいました。私の作ったおせち料理がパリに住む人々に楽しんで頂けたどうか少々不安でもありましたが、年が明けてフロマージュヒサダの営業が始まって訪れたお客様から、「とても美味しかった」「またやってほしい」と声が届いたと聞いた時は本当に嬉しかったです。ということでこの年末もパリに出向くことになりそうです。
a0079259_20415075.jpg

a0079259_20434551.jpg

a0079259_20442350.jpg

a0079259_20435683.jpg

a0079259_20435924.jpg

a0079259_2044552.jpg

a0079259_2044920.jpg

a0079259_20441298.jpg

a0079259_20442872.jpg

a0079259_20443139.jpg

a0079259_20443475.jpg

a0079259_2044528.jpg

a0079259_2045846.jpg

a0079259_2045594.jpg

a0079259_20471950.jpg

[PR]
# by sanpomichikara | 2017-02-07 21:02 | 風景・出来事
パリNo.3
クリスマスマーケットの一角にあるクリスマスショップでは30%オフのセールをやっていました。クリスマスは廻ってきます。店内は多くに人で賑わっていました。通りにはスケートコーナーも設置されていました。そしてコンコルド広場の大観覧車。二月の半ばには取り壊されるそうです。
a0079259_236352.jpg

a0079259_236646.jpg

a0079259_2361253.jpg

a0079259_236156.jpg

a0079259_236188.jpg

こちらギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店の店内に飾られた巨大クリスマスツリーです。今年の装飾テーマは「幻想的な極北のクリスマス」。雪と氷に覆われた国で繰り広げられる、シロクマの家族がイメージされているようです。グルメ館では時間が過ぎるのも忘れるほどお買い物に熱中しました。
a0079259_2364518.jpg

a0079259_2365662.jpg

a0079259_237171.jpg

a0079259_237445.jpg

a0079259_2371535.jpg

a0079259_2310080.jpg

a0079259_2310474.jpg

a0079259_2395679.jpg

[PR]
# by sanpomichikara | 2017-02-06 23:20 | 風景・出来事
パリNo.2
こちらはシャンゼリゼ通りのクリスマスマーケットです。クリスマスが過ぎてもお正月まではこのように賑やかさが続くそうです。
物騒だから注意して歩きなさいと言われていますが、これと言って恐い思いもしませんでしたし怪しい人も見かけませんでした。ホットワインを片手に通りの両側をのんびり散策しました。
a0079259_2251025.jpg

a0079259_22513041.jpg

a0079259_2252375.jpg

a0079259_22524051.jpg

a0079259_22524211.jpg

a0079259_2252444.jpg

a0079259_22524989.jpg

a0079259_22525195.jpg

a0079259_225309.jpg

a0079259_2253392.jpg

a0079259_2253535.jpg

a0079259_22531442.jpg

a0079259_22532417.jpg

a0079259_22533463.jpg

a0079259_22534082.jpg

[PR]
# by sanpomichikara | 2017-02-06 23:01 | 風景・出来事
パリNo.1
飛行機から見たパリの夜景です。パリは夜景も美しかった。
着陸前の私、パリでの初めてのおせち料理作りにドキドキしています。
そして今回の滞在はモトピケのアパートメント。メトロのモトピケ駅の目の前のアパートです。モトピケのガード下では水曜日と日曜日にマルシェが立ちます。着いた翌朝、運よくマルシェを見ることができました。新鮮な野菜やチーズや肉や魚介類が軒を並べています。
No.1 はマルシェの様子を見ていただきます。
a0079259_21485988.jpg

a0079259_214956.jpg

a0079259_2151395.jpg

a0079259_2149833.jpg

a0079259_21491142.jpg

a0079259_2149147.jpg

a0079259_2149169.jpg

a0079259_2152997.jpg

a0079259_21521528.jpg
a0079259_2217862.jpg

a0079259_22172458.jpg

a0079259_22175826.jpg

a0079259_2218156.jpg

a0079259_22181493.jpg

[PR]
# by sanpomichikara | 2017-02-06 22:14 | 風景・出来事
Happy New Year
明けまして おめでとうございます
本年も どうぞ よろしくお願いいたします


今年初めての投稿となります。
私は昨年のクリスマスが終わった頃からパリに行っていました。パリのオペラ座近くの”フロマージュヒサダ”さんのオーナーとコラボレーションおせち料理を企画したのです。パリでのおせち料理は人生初の試み、それからというもの準備に明け暮れました。三段重の二段はおせち料理、三段目はチーズの盛り合わせと言うフロマージュヒサダオリジナルのおせち料理で、二段のお重には日本のそれとほとんど同じものに仕立てることを目標としました。10月に予約を開始し11月末には予定の30セットに達しました。私は日本から昆布やかまぼこや、あらかじめ作っておける物は脱気冷凍して、計50㎏の大荷物を運びました。滞在はもちろんキッチンのあるアパートメント。幸いにワンルームではありましたがアパートにしては充実しているキッチンがついていました。きっとご近所の人には朝からしょう油の匂いを届けてしまったかもしれません。パリで作る昆布巻き始め諸々の料理は日本のそれとあまり違いなく仕上がりました。そして、フロマージュヒサダで31日の13時から引き渡しが始まります。当日は寒いパリでしたが、部屋の暖房もOFFにし、窓を開け放して朝早くから重箱に詰める作業です。5時過ぎには無事にお引渡しを終えることができました。ご注文を頂いたお客様は日本人だけでなくフランス人やイタリア人もいらっしゃいました。12月に入ったあたりから準備に勤しみいつになくせわしない師走を過ごしました。ちなみに今年の年賀状はお休みさせていただきました。パリへの荷物の送り方、パリで入手可能な食材のこと、改めて料理の手順など、色々な面でとても勉強になる”おせち料理inパリ”でした。その様子は後程投稿いたしますが、今日のお料理教室を新年の投稿といたします。

元旦にパリからウィーン~ブラチスラバを旅行しました。ヨーロッパにはまだクリスマスムードが十分に残っていました。寒いヨーロッパでは煮込み料理が身体を温めてくれます。
今月のメニューは、グヤーシュ、ポテトパンケーキ、アップルケーキ、です。
a0079259_22165884.jpg

a0079259_2217482.jpg

a0079259_22171628.jpg

a0079259_2217917.jpg

a0079259_22175930.jpg

a0079259_22172376.jpg

a0079259_22172558.jpg
a0079259_22171291.jpg

a0079259_22172038.jpg


[PR]
# by sanpomichikara | 2017-01-10 22:59 | レッスン