散歩道から
by sanpomichikara
カテゴリ
全体
レッスン
料理
下野農園
風景・出来事
花・果実
ペット
観劇・美術・音楽
絵手紙
NIKKO is NIPPON
Slovakia Cooking
とちぎ朝日
道の駅しもつけ
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
フォロー中のブログ
フランス美食村
Papa's Diary
きまぐれ日記/Ryoko
ぶんぷり日記
描いていく。
Endless story
+藍色+
K's Sweet Ki...
暮らし
賞味期限過ぎてます
うさぎのつぶやき
とちぎ園芸 スタッフブログ
僕生活
Couleur
眺めのいい部屋@かまくら
飛んでも五分歩いても五分
珈琲はいかが
Gardenうさぎ
Quercus クエルクス
Macと音楽と木工と ....
りえ's Cheerfu...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
三日三晩の土用干
a0079259_1440161.jpg

週間天気予報と手帳の予定とを照らし合わせて土用干の日程を決めます。

                三日後

a0079259_14403447.jpg
うっすらと塩を吹きしっかり干し上がりました。

私は梅干は昔ながらのしょっぱい梅干が好きです。減塩という言葉は顧みずいつも塩の割合は17~18%で漬け始めます。そして梅の重さの2倍と言われている重しもしません。でも2~3日でちゃんと水も上がるしカビも生えないし、梅も程々にしんなりする、とうことがここ4~5年で分かりました。塩の割合が高いせいか、毎日梅と塩の入った容器を揺するせいか、美味しくなれよと言葉を注ぎ込むせいか定かではありありませんが、カビも生えずに土用を待ってくれます。そして1/3は干さずに梅漬けのまま瓶で保存し、残りは三日三晩天日に干します。

ひなびない味の梅干が好きなので一年間で消費出来るだけ3キロの梅を漬けます。そのうちの1キロは干さずに瓶で保存する梅漬けです。練り梅を作るときなどトロッとしているので便利ですし、日向の香りがしないのでいつでも梅の新鮮な香りが楽しめます。
[PR]
by sanpomichikara | 2012-07-30 15:00 | 料理
<< 盛夏 とちぎ朝日 豚肉-スイーツ- >>