散歩道から
by sanpomichikara
栃木のチーズ
栃木県の那須町では酪農が盛んです。生乳の生産は北海道について全国二位を誇ります。
栃木県北部の那須塩原市や那須町に行くと、のどかな風景の中に牧場をたくさん見ることができます。
その牧場では牛乳やアイスクリームやバターが生産されています。
そして近年、那須町ではチーズ作りに力が入れられています。若手のチーズ研究者も増え、それぞれの工房でチーズの研究がなされ、たくさんの種類のチーズが生産されています。この日は三軒のチーズ工房を訪ねました。

こちらの山羊牧場は今牧場さんです。
生後三日という山羊の赤ちゃんが私たちを出迎えてくれました。
二匹とも女の子だそうです、人懐こくて私たちの所に来ては足元にじゃれつきます。それを見てお母さん山羊はメヘメヘと声を上げます、「そっちに行っちゃだめよ、ママのところに戻りなさい」とでも言っているかのようです。そして仔山羊がお母さん山羊の元に帰るとお母さん山羊はペロペロと仔山羊たちをなめて、「良く戻ってきましたね」と褒めているかのように見えます。それの繰り返しがとてもほほえましく感じました。
a0079259_17165142.jpg

a0079259_17432929.jpg

a0079259_17434640.jpg

そして今牧場の若手担い手の高橋さんが研究を重ね商品化されている山羊のチーズです。
試食をさせていただきましたがそれが美味しい!の一言です。山羊のチーズは匂いが強くなんとなく敬遠していましたが、その思いが拭払されました。爽やかな乳の香りとかすかな甘みを感じます。
a0079259_17503075.jpg

a0079259_1751222.jpg

今牧場さんでは山羊のチーズの他にも牛乳のナチュラルチーズも作られています。高橋さんのチーズにかける情熱を伺い知ることができました。


そしてこちらはチーズ工房那須の森の落合さんの工房です。まずは落合さんが案内してくれたの清潔で整頓された工房に感激です。ブラウンスイス乳で作るフレッシュチーズとカチョカバロの試食をさせていただきましたが、どれも北海道に勝るとも劣らぬ完成した味です。さけるチーズも作っていらっしゃいますが、市販のものとは全く違った旨味があります。カチョカバロを使ったレシピ開発、がんばらせていただきます。
a0079259_17564672.jpg

a0079259_1804144.jpg

a0079259_1843266.jpg

a0079259_1821868.jpg

a0079259_1845134.jpg

a0079259_18658.jpg



そして天谷さんのあまたにチーズ工房さんです。那須の別荘地の森の奥に素敵なたたずまいの工房兼ご自宅があります。チーズのお話の前に、奥さまが淹れてくださったハーブティーがとても美味しかったです。そしてミルクチーズのかかったフロマージュブラン、こんな美味しいフロマージュブランを頂いたのは初めてです。どんなチーズケーキよりも美味しいと思いました。秋にはリンゴと一緒に頂くと美味しいですよ、とおっしゃるご主人さま、なんだかチーズを研究されている方は皆素敵な方だなと思いました。
a0079259_18151455.jpg

a0079259_18212989.jpg



今回のチーズ工房巡りは、来月栃木県牛乳普及協会で主催されるチーズ料理教室のための視察でした。チーズは料理しないでそのまま食べるのが一番おいしいと思うのですが、それでは料理にならず、それぞれの特徴を生かしたチーズ料理をただ今考案中です。
この度お世話になった那須ナチュラルチーズ研究会の皆さまの熱い思いと共に、手塩にかけて育てたチーズを全国に届けるお手伝いができたらとても嬉しく思います。
[PR]
by sanpomichikara | 2013-06-12 18:21 | 料理
<< 下野農園 <6月の料理教室> BBQテーブル >>