散歩道から
by sanpomichikara
干し柿
秋も深まり産直のお店で蜂屋柿を見かけるようになりました。
毎年必ず作る干し柿。

皮を剥いた後、熱湯にくぐらせるとカビが生えないそうです。
いつだったか母とそんな話をしながら干し柿の準備をしている時「負うた子に道の浅瀬を教えられ」なんて微笑んでいましたっけ。
毎年かびる事もなく美味しい干し柿に仕上がってくれます。

干し柿は母の大好物でした。
今年は喜んでくれる母もいませんが美味しくできますように。
a0079259_17543893.jpg

a0079259_17545422.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2013-11-05 17:54
<< 11月のテーブル プラツキ >>