散歩道から
by sanpomichikara
孔子桜のお花見
宇都宮市西部にある城山西小学校の校庭にたたずむ「孔子桜」です。

 名前の由来を文献から抜粋します。 
『昔、ある晴れた冬の日、この村に住む孝行息子が 「死ぬ前に 一度桜の花を見たい」 という病気の父親の願いをかなえるために、古賀志山中にある大日如来の祠に、一所懸命祈願をした。この孝行息子の心は天に通じ、翌朝この桜に花が咲き、病気の父親はこれを見て大変喜び往生を遂げたという伝説により「孝子桜」と呼ばれている。』
 今年も悠々とした姿で訪れた人々を喜ばせてくれました。 
久しぶりにデジイチを持って出かけました。
学校の裏山にはカタクリの花の群生地もあります。今がちょうど見ごろでした。
 お花見日和の一日でした。
a0079259_21491107.jpg
a0079259_21492818.jpg
a0079259_21493757.jpg
a0079259_21494918.jpg
a0079259_21500093.jpg
a0079259_21500836.jpg
a0079259_21501999.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2014-04-07 21:57 | 風景・出来事
<< 春の恵み ネーブルオレンジ >>