「ほっ」と。キャンペーン

散歩道から
by sanpomichikara
三日三晩の土用干し
土用の丑の日を目安に梅の土用干しを始めます。
今年の土用の丑の日は、風があり湿度も低く好調な出だしとなりました。
朝、庭のテーブルにざるを並べますが、夕方には梅の面持ちもほっこり乾き今年も順調な仕上がりであることを知らせてくれます。
今年は大ぶりで青い南高梅は赤紫蘇入り、小ぶりで完熟な南高梅は赤紫蘇を入れず、と二色にしました。
そして早速、梅の漬かっていた白梅酢に生産者から頂いた葉生姜を漬けました。
ガラスの壷で冷蔵庫に入れますが、翌朝見ると茎の切り口はまだ成長しています。
酢と塩に漬けられてもまだまだ伸びようとするんですね。その生命力に感心しています。
a0079259_20250730.jpg
a0079259_20250168.jpg
a0079259_20245603.jpg
a0079259_20245237.jpg
a0079259_20252904.jpg
a0079259_20253523.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2014-07-30 20:34 | 料理
<< 栃木の梨 道の駅しもつけ「食のオープンス... >>