「ほっ」と。キャンペーン

散歩道から
by sanpomichikara
栃木の梨
栃木県における梨の生産は、宇都宮市、芳賀町、大田原市を中心に県内各地で930ha栽培され、その生産量は26,400tと全国第5位を誇っています。
栽培品種は、「幸水」、「豊水」が中心で全体の9割近くを占めますが、大玉で甘い晩生種の「にっこり」や果肉が柔らかく甘い新品種の「あきづき」も増えています。
出荷期間は、ハウスで栽培される「幸水」の収穫が始まる7月上旬から、8月中旬からの幸水、9月中旬からの豊水が続き、晩生品種「にっこり」の11月中旬まで、約5ヶ月間です。(とちぎ農産物マーケティング協会より抜粋)
宇都宮市の山口果樹園ではハウス栽培の幸水が7月上旬から出荷されていましたが、すでに終盤、ハウス栽培最後の幸水を頂きました。少し小ぶりな幸水でしたがお味は幸水そのもの。まずは生で頂きあとはコンポートにしました。

a0079259_20315028.jpg
a0079259_20315078.jpg
a0079259_20314903.jpg
a0079259_20311653.jpg
a0079259_20311668.jpg
a0079259_20311627.jpg
a0079259_20315036.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2014-08-07 20:41 | 料理
<< 8月のテーブル 三日三晩の土用干し >>