「ほっ」と。キャンペーン

散歩道から
by sanpomichikara
春の恵み
春の訪れを山菜や果物で感じます。
フキノトウは家のすぐ近くの空き地の陽だまりに毎年芽を出すのですが、今年もこんなにたくさん芽吹いてくれました。こっそり失敬しています。
まずは天ぷらで楽しみ続いてふきのうとう味噌を作ります。
採りたてのふきのとうは苦みが少なく美味しくいただけます。

続いてウドです。栃木県北部の那須地方はウドの産地です。
那須の味噌屋さんの麹の入った赤みそを頂いたので生を味噌とともにいただきました。
皮はお決まりのきんぴらです。

菜の花のからし和え、こちらも自生の菜花です。

そして、土佐文旦。
文旦の皮は実と同じくらいのボリュームがありますが、捨ててはいけません。文旦の皮は苦みも少ないので一度湯がくだけで十分ジャムになります。少し多めのお砂糖で煮詰めます。
ヨーグルトにも、またマフィンやスコーンに混ぜて焼いても美味しいです。

a0079259_08160764.jpg
a0079259_08161607.jpg
a0079259_08161889.jpg
a0079259_08163465.jpg
a0079259_08163795.jpg
a0079259_08172184.jpg
a0079259_08172411.jpg
a0079259_08165667.jpg
a0079259_08165970.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2015-03-21 08:30 | 料理
<< シルバー大学・きのこ同好会 料理講座 3月のテーブル >>