散歩道から
by sanpomichikara
パリNo.5
おせち料理の引き渡しが終了してからは、神戸で長年オーナーシェフとした活躍したシェフがモンパルナスにオープンしたというレストラン「モンテ」に行きました。日本人らしい繊細な味と盛り付けがフランス人に好まれる理由でしょう。沢山の人で賑わっていました。そして食事の後モトピケのアパートに戻ります。モトピケはエッフェル塔の近くなのでカウントダウンのお祭りに行くこともできましたが、おせち料理の達成感とディナーのほろ酔い加減でアパートに戻った時はすでにその元気は失せていました。パリの大晦日は夜中まで花火の音や若者の声が寒空に響いていました。そして年が明け元旦のお昼前にCDG空港からウィーンに移動しました。ウィーン空港ではスロバキアの友人が迎えに来てくれてそのままブラチスラバに向かいました。すでに私の中ではスロバキアは故郷のようで「ただいま」といった気持ちで入国します。ブラチスラバはパリよりもさらに気温が低く、旧市街の並木は霧氷に覆われていました。生まれて初めて見る街の中の霧氷に感動です。翌日はズボレンでズボレンに住む友人に会い、お城の見学をしました。
a0079259_2224024.jpg

a0079259_2225451.jpg

a0079259_2225619.jpg

a0079259_222596.jpg

a0079259_2231226.jpg

a0079259_2231593.jpg

a0079259_2232341.jpg

a0079259_2232872.jpg

a0079259_2234053.jpg

a0079259_223447.jpg

a0079259_2234652.jpg

a0079259_2235357.jpg

a0079259_2235544.jpg

a0079259_224057.jpg

a0079259_224319.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2017-02-07 22:05 | 風景・出来事
<< 2月のテーブル パリNo.4 >>