散歩道から
by sanpomichikara
筍の瓶詰め
今年は全国的に筍が不作のようです。しかし不作とはいえ竹林を持っている友人から今年も変わらず愛の手が届きました。ありがたや、ありがたや。そして旬の味を瓶に詰め込み保存作業です。近年スムージーやサラダの容器として人気の高いアメリカのBall社(ボール社)のMason Jar(メイソンジャー)の出番です。殺菌~脱気と1時間程かかりますが、こうすることによって旬のお味をいつでも楽しむことができるのですから苦にもなりません。今、瓶詰めされた筍は玄関わきの涼しいところに置かれています。暮れに瓶から取出しジップロックに入れてパリに持って行けると嬉しいな。
a0079259_17111862.jpg

a0079259_17112360.jpg

a0079259_17112631.jpg

a0079259_17113093.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2017-04-28 17:10 | 料理
<< 山椒 道の駅しもつけ「食のオープンス... >>