散歩道から
by sanpomichikara
山椒
庭の山椒の木も今年も変わらず沢山の芽を吹いてくれました。
せっかく芽吹いたのに少し大きくなると摘まれてしまって少しかわいそうな新芽たち、余すところなく大切に頂きます。うちの山椒は雄花のようで花は咲いても実は付けません。そして花はいつの間にかぽろぽろと落ちてしまいます。そこで今のうちに摘んで塩漬けにして保存します。山椒の木は放っておくとどんどん高く伸びて行きます。剪定と言う口実の元、伸びてしまった上の方の枝を切り、家の中に持ち込んで流し台で作業します。こうすると外で枝を引っ張って摘み取るよりも数倍楽に行えます。ゴールデンウィークの初日の朝のお勤めでした。
a0079259_1731316.jpg

a0079259_1731374.jpg

a0079259_17315628.jpg

a0079259_17315981.jpg

a0079259_1732457.jpg

a0079259_17321298.jpg

a0079259_17322599.jpg

a0079259_17322918.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2017-04-29 17:30 | 料理
<< 5月のテーブル 筍の瓶詰め >>