散歩道から
by sanpomichikara
蓮華
a0079259_22193088.jpg
蓮の花。自宅から車で10分くらいの所にある蓮華の畑。毎年広い田んぼに蓮の花を咲かせてくれます。こちらの持ち主の方は存じませんが、おそらく蓮根を取るでなく、蓮の花を切花とするでなく、蓮の実を取るでもなく、蓮華の花を楽しむために、と言いますか人々を楽しませてくれるために栽培しているのではないかと思われます。そんな管理人様に感謝しつつ今年も見事な蓮畑を見に行ってきました。今年は長梅雨で日照時間が少なく、多くの作物に影響を及ぼしているそうですが、蓮の花のような水性植物は豊富な雨が喜ばしいのでしょうか、いつになく花数が多いように思いました。小雨の中活き活きと咲いています。
♪ひらいたひらいた れんげのはなが ひらいた♪
この童謡は蓮華のことです。古くから生活に身近な花として親しまれていたのでしょう。蓮華をかたどった台座に仏像を乗せたり、厨子の扉の内側に蓮華の彫刻を施したりと仏教の花とされています。蓮は泥の中でも美しい花を開かせる、清らかに生きる 人間のあるべき姿に例えられたと言われています。蓮の花を眺めていて何かしら神聖な気持ちになるのは、そんなところに起因しているのかもしれません。日本画でもよく題材にされますね。蓮の花は開く時にポンと音がするとかしないとか。一度早朝に訪ね確かめてみたいと思います。
[PR]
by sanpomichikara | 2006-07-25 22:49
<< レンゲショウマ ラタトゥイユ >>