散歩道から
by sanpomichikara
お塾
a0079259_174389.jpg

犬の訓練に行ってきました。最近のジャン、散歩の時にすれ違う犬に異常に反応します。今までにきちんとした訓練を受けさせていなかったので、少し時期をはずしてしまいましたが改めて調教をしていただくことになったのです。今日が初回です。訓練を受けながら思いました。犬の訓練ではなく、飼い主すなわち私が訓練を受けるというのが正解なようです。そして訓練士さんのマジックを目の当たりにしました。訓練士さんの手に掛かると、まるで別人のように、ではなく別犬のように従順になってしまいます。さすがです。訓練士さんには犬の気持ちがわかってしまうようです。これから週に一度通います。がんばろう!ジャン。そして驚きがもう一つ。その昔、夫の家で飼っていた犬(コリー犬でバッカスという名だったそうですが)の訓練士さんはこのジャンの訓練士さんのお母様でした。その当時は日本でも有数の女性調教師さんだったそうです。そしてそんな昔話をしましたら、この訓練士さんもなんとそのバッカスを覚えていらしたのです。訓練の後に、夫と訓練士さんでそんな思い出話に花が咲きました。代々お世話になることになるようです。何かのご縁を感じます。休日でしたが、犬のお塾で飼い主共々お疲れの一日となりました。写真のお友達はゴンタ・ダイ・ショウくんです。ゴンタはチョコレート色のラブラドール。ダイとショウは兄弟で、まだ眼も開かない産まれたばかりの捨て犬だったそうですが、この飼い主さんに救われたとのこと。大きいほうがダイ、小さいほうがショウと名づけられたそうです。ミックスですが躾が行き届いてとても優秀なワンくんです。ジャンの訓練の途中に遊びに来てくれました。ジャンも最初は警戒していましたが、間もなくすっかり仲良しになりました。
これから2か月がんばろうね!
[PR]
by sanpomichikara | 2006-08-27 18:34
<< キバナコスモス フウセンカズラ >>