散歩道から
by sanpomichikara
麻婆豆腐
a0079259_9484067.jpg
麻婆豆腐も今や家庭の惣菜としてすっかり定着しています。
思えばイタリアンや中華やフレンチが日本に上陸し、庶民の味となったのは戦後の高度成長期からですから、歴史としてはまだ50年余り。現在、日本でこれだけ確固たる市民権を得たと言うことは日本人の味覚にすんなり受け入れられたということです。
幾つの時だったか生まれて初めてピザを食べた日もハンバーガーを食べた日も麻婆豆腐を食べた日もしっかり覚えています。子供心に少なからずの衝撃があったのでしょう。

麻婆豆腐に欠かせない豆鼓(トーチー・大豆の塩漬けを発酵させたもの)。日本では浜納豆と言われていますが、この豆鼓の味噌とも塩とも醤油ともつかない旨みがポイントです。その昔、陳建民氏が健在だった頃仕事で何度かご一緒する機会がありましたが、食を通して日中友好に尽力された方と尊敬しています。下茹でする際「お風呂入れるね」アクを取る際「アクは悪魔ね」「愛情ない、おいしくない」「自分で食べておいしい、誰食べてもおいしい」などなど、語録に名言は数々。その頃ご子息の建一氏はまだ学生さんが終わったばかりでした。最近TVで拝見するところ、お父様によく似ていらっしゃいました。

違う、と言われるかもしれませんが私は木綿豆腐でなく絹ごし豆腐を用います。




-つぶやき-
今朝は雨音で目が覚めた。天気予報によると大陸から真冬並みの寒波が南下しているそうだ。今日からしばらく日本海から東北・北海道は大雪に見舞われるらしい。雪不足で悩まされている山間部では恵みの雪になる。しかし3月の雪は解けるのも早い。まだ予定されている大会は少なくない。中止しなくてすむよう雪の神に乞う。今日もスキーに出かけた約2名。山の上は雨でなく雪であるか、こちらと同じく雨であるか・・・。
日曜日の朝の珈琲は美味しい。

[PR]
by sanpomichikara | 2007-03-11 10:07 | 料理
<< ミツマタ オニオングラタンスープ >>