「ほっ」と。キャンペーン

散歩道から
by sanpomichikara
卯の花
a0079259_18432472.jpg
a0079259_18434553.jpg白い卯の花にはほど遠い茶色の「卯の花」ですが、まだ温かさの残るおからをいただきましたので、冷蔵庫と乾物の引き出しにあるあり合わせの野菜でさっそく煮上げました。具は左上からこんにゃく・油揚げ・ゴボウ・干しシイタケ・たくあん・ニンジン・さつま揚げ・ヒジキ・桜えび、そしてここには写っていませんが小口に切ったネギ。これらをサラダ油で炒め、だし汁・酒・みりん・しょう油、それと干しシイタケの戻し汁も加えてさっと煮ます。そこにおからを入れて煮汁を含ませ、おからにしっかり火が入ったら出来上がりです。具はあるもので間に合わせますから何か足りなくてもまた増えてもOKです。箸休めにちょっと嬉しい「卯の花」です。Kさんごちそう様でした。そしてお会いできて嬉しい一日でした。





-つぶやき-
雨の土曜日、青山七恵さんの「ひとり日和」を読み終えた。第136回芥川賞受賞作。僅か23歳の著者が感じた人との関わりと気持ち。自分の心を文章で表現できるって素晴らしい。

[PR]
by sanpomichikara | 2007-03-31 19:08 | 料理
<< ショウジョウバカマ ヒメスミレ >>