散歩道から
by sanpomichikara
グリーンアスパラのミラノ風
a0079259_21512931.jpg
a0079259_21552863.jpgグリーンアスパラガスも今が旬です。さっと茹でてシャキシャキと頂くのもおいしいですが、こちらはしっかり茹で柔らかくしたアスパラガスのレシピです。

<レシピ>
・グリーンアスパラガスは根元の硬い皮を剥いて、塩をたっぷり入れた湯で10分ほど柔らかくなるまで茹でます。
・半熟の目玉焼きを作ります。
・皿にアスパラガスを並べ目玉焼きでカバーします。
・パルメジャンチーズを降りオリーブ油を回しかけ、黒コショーをぱらぱらと。
・スプーンの背でつぶして混ぜながら頂きます。

しっかり塩味がつきとろっと柔らかくなったアスパラガスと卵が絶妙なお味を奏でます。トーストを添えて朝食にパスタを添えてランチに、どうぞお試しください。

ところで、「ミラノ風」って、どうするとミラノ風なのかと言うと、ポイントは色です。
黄色や黄金色が「ミラノ風」の定義なのだそうです。
昔から「ミラノが稼ぎ、ローマが使う」と言われていて、ミラノのお金持ちは、金箔や金粉を料理にふんだんに使っていたのだそうです。
そこで卵やサフランをつかって黄金色を表現したものが「ミラノ風」なのですね。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-05-19 22:05 | 料理
<< クリンソウ 茂木町の棚田 >>