「ほっ」と。キャンペーン

散歩道から
by sanpomichikara
夏ベジ
a0079259_20321931.jpg
a0079259_20324420.jpg近所の野菜直売所にナスとズッキーニが登場しました。これらを見ると作りたくなるラタトゥイユ。
フランス語ではラタトゥイユ、イタリア語ではカポナータ、いわば野菜のごった煮です。地方や家庭により野菜の切り方が大きかったり小さかったり、ナスやズッキーニを油で揚げたり、カボチャやオクラやセロリが入ったりとレシピに違いがあるようですがふるさとの味・おふくろの味と言う感じですね。
夏野菜がお安い季節、何度も作ります。我が家の夏の常備菜です。少し多めに作り、密封容器に入れチルドルームに入れて置くと2~3日は日持ちがします。冷製パスタに、パンに添えて、ご飯を入れてリゾット風に、オムレツのソースにと重宝します。


-レシピ-
1.それぞれの野菜は大きさを揃えて角切りにします。
2.みじん切りにしたニンニクをオリーブ油で香りを立てタマネギ・ナス・ズッキーニ・インゲンの順番に炒めます。
3.トマトは皮を湯剥きしざく切りにして加えます。
4.白ワインと固形スープの素を入れ水分がなくなるまで強火で煮ます。
5.とろっとしてきたら塩・コショーで味を調えます。
☆カボチャ・セロリ・パプリカ・オクラ・キノコ類、あるもの何でもOKです。トマトは水煮缶でもジュースでも。

[PR]
by sanpomichikara | 2008-06-29 20:48 | 料理
<< ちらし寿司 今日のミネストローネ >>