散歩道から
by sanpomichikara
栗の甘露煮
a0079259_8243796.jpg
a0079259_8245371.jpga0079259_825723.jpg
a0079259_8253039.jpga0079259_8255875.jpg
渋皮煮に引き続き甘露煮です。
1kgの栗の鬼皮と渋皮を剥くのに小一時間掛かりますが、季節の美味しさを保存するため出来上がりを想像しながらがんばります。

-レシピ-
①皮を剥いた栗はみょうばんを入れた水で、沸騰したら極弱火にして5分ほど煮ます。(この時はまだ柔らかくしません)みょうばんはあく抜きをしながら煮崩れを防ぎ発色も良くしてくれます。
②水を換え今度は水だけで再び茹でこぼします。
③3度目はゆっくり柔らかくなるまで煮ます。くれぐれも火は弱火です。あればクチナシの実を砕きティーバッグに入れて一緒に煮ます。紙の落し蓋をします。
④栗が柔らかくなったら砂糖を3度に分けて加えます。砂糖の分量は剥いた栗の重さの50~80%、お好みで調整します。
⑤煮含めたら鍋のまま一晩冷まします。栗が熱いうちに動かすと崩れてしまいます。
⑥栗だけ取り出し煮汁を煮詰めとろみをつけます。そこに栗を戻し一煮立ちさせます。
⑦完全に冷めたら壜に詰め冷蔵庫で保存します。煮崩れた栗は壜に入れず細かくしてパウンドケーキなどに使うといいですね。

[PR]
by sanpomichikara | 2008-09-26 08:42 | 料理
<< 宇都宮市美術館 ミネストローネ・モロヘイヤ入り >>