散歩道から
by sanpomichikara
春餅
a0079259_18441366.jpg中国では立春に春餅(ちゅんぴん)を食べる習慣があると聞きます。
いろいろな具を用意して皆で食卓を囲み春の訪れを喜ぶのでしょう。
日本の手巻き寿司のような雰囲気ですね。
レタスとトマトのスープも春らしい彩りです。

a0079259_18444356.jpg今日の具は細切り豚肉の甜麺醤炒め・鶏ささ身の酒蒸し・ニラ・セロリ・貝割れ大根・もやしです。
春餅はホットプレートで焼きました。
a0079259_1845248.jpg小麦粉と水だけの春餅の皮ですが、その素朴な味が甜麺醤とあいまってどこか懐かしい味がします。

メキシコのタコス(とうもろこしの粉)、ベトナムの生春巻(米の粉)、フランスのクレープ(小麦粉)、粉の原料は違えど、薄く焼いた皮に具を包んで食べる方法は共通ですね。

a0079259_18451936.jpgこちらはタケノコとセロリと卵のオイスターソース炒めです。

タケノコは中華でも大活躍です。
しばらくタケノコ料理が続きます。

[PR]
by sanpomichikara | 2009-04-22 18:58 | レッスン
<< 春巻 そばがき >>