散歩道から
by sanpomichikara
ハーブガーデン
a0079259_10535886.jpg
GW中の‘日曜でえく’のお陰で私のハーブガーデンの柵もリニューアルされました。なぜこのように段差を付けてハーブエリアを作っているかと申しますと・・・うっかりしているとお抱え芝刈り職人(夫とも言いますが)に「ハーブはりっぱな草だ」と言われ、全部刈られてしまう恐れがあるからです。ハイ、ハーブを‘草’と言うのはごもっとも。食べられるか食べられないか、香りが好きか嫌いかでただの草なのか大切な草なのか分かれるのです。ともあれ、私の好きな草たちは今年もりっぱに出揃いました。
注:(デイジー)(ワイヤープランツ)バックに登場するクリスマスローズは食べられません。ハーブのただの同居人です。
a0079259_10553157.jpgスープセロリは普通のセロリよりも細く少し硬いような気がします。
スープやサラダにと少し欲しい時に庭にあると便利です。
タイムはハーブ入りケーキやスープの香り付けに使います。
かわいいピンクの花が長いこと咲き続けます。
買ってきたセリの根の部分を植えておくと来春に芽を出しちょっとしたお楽しみ分くらいは収穫できます。
a0079259_1055582.jpg三つ葉も根を植えたところ年々増え続け、汁物の彩りくらいには十分です。
ミントはスイーツのトッピングに葉先をつまんで。
ミントティーもお好きな方は喜ばれますね。
ちなみに私はミントティーは苦手です。
a0079259_10562584.jpgオレガノはピザやトマトソースの香りに欠かせません。
チャイブはローストした魚や肉の付け合せにするとおしゃれ度アップです。
スープのうきみにも香りがいいです。
今白いネギ坊主が咲いています。
a0079259_10581688.jpgイタリアンパセリは宿根なので年中青々と茂っています。
新芽はサラダでもおいしいです。
a0079259_10584863.jpgディルは魚料理に良く使われます。
キュウリのピクルスを作るときベイリーフと一緒に入れます。
チャービルは冷たいスイーツのトッピングに涼やかですね。
サラダでもいけます。
ロメインレタスは外側の葉をから摘むと内の葉が伸びてきます。
a0079259_10591722.jpgローズマリーはオリーブ油に入れてハーブオイルを作っておくとドレッシングに使えます。
ブーケガルニにも欠かせません。
一枝お風呂に入れるとフレッシュハーバルバスが楽しめます。
a0079259_10593998.jpgコリアンダーはタイ語でパクチー、中国語で香菜(シャンツァイ)タイカレーにはこれがないと。
ルッコラは「るっこらしょ」なんて言う人がいましたが新芽を摘んでサラダに入れます。
ラムズイヤーはハーブに分類されますが食べた事はありません。
ドライにしてポプリにするとか。
子羊の耳のような面持ちです。


と、
一応我が家のハーブ群を並べてみましたが、実は庭で育てそこにあるだけで満足なのです。
そう度々お料理に使うわけではありません。
山椒やこれから出てくるミョウガや青じその方が登場頻度の高い我が家のメニューですし。
うっかりサラダに入れたりすると「くさい・・・」と言われてしまいますから。。。。
[PR]
by sanpomichikara | 2009-05-08 11:25 | 花・果実
<< 福島市 端午の節句 >>