散歩道から
by sanpomichikara
カチョカバロ
a0079259_21274991.jpgこちらは‘長沼あいす酪乳品工房’のカチョカバロです。
今や大変有名になった花畑牧場のチーズもおいしいですが、このながぬまカチョカバロもなかなかです。

a0079259_21281456.jpgこのひょうたん型のナチュラルチーズ・カチョカバロの我が家流の食べ方をご紹介します。


まずチーズを1.5cm位の厚さにスライスします。
ジャガイモも茹でて同じくらいの厚さに切ります。
a0079259_21283175.jpgホットプレートにジャガイモとカチョカバロを乗せます。
ジャガイモとチーズがこんがりしたらからめて、塩・コショーとお好みでナツメグで頂きます。
a0079259_21284739.jpgチーズフォンデュのようなお味ですが、我が家では‘ラクレット’と言って、シャモニー流に頂きます。
a0079259_21303923.jpgそして北海道のお土産のもう一つは‘グリーンアスパラガス’
柔らかくて香りが良くて、やはり本場の物は違います。
チーズ・ジャガイモ・アスパラガス、道産子御三家が並びました。
a0079259_2131932.jpg若者のいる休日のブランチはボリュームが違います。
作りがいもありますが、
つられて一緒にいただくと・・・
大変なことに^^;










-つぶやき-
就活も本番を迎えています。札幌から東京・栃木に‘就活’だと一週おきに帰って来るR。平成の大不況の真っ只中の就活、その影響を目の当たりにしている。企業の採用人数の削減、求める質の高さ。結果は思ったよりも厳しくてどうなることやら・・・しかし、就活はともかく、婚活・離活・キコンパ(既婚パ)・草食青年etc。耳慣れぬ言葉が行き交う昨今。なにやかにやと容易じゃない。そしてその就活にかかる交通その他の費用は・・・知る由もがな。

[PR]
by sanpomichikara | 2009-05-24 21:45 | 料理
<< グリーンアスパラガスの豚肉巻き 小満 >>