散歩道から
by sanpomichikara
鯖の幽庵焼き
a0079259_18273872.jpg幽庵焼きとは魚の切り身を、柚子と酒・みりん・しょう油のタレに漬け込んで焼いたものです。

名の由来は江戸時代の茶人・幽庵さんから来たそうです。
a0079259_18281572.jpg一晩漬けた切り身には柚子の香りが程よく染み込み、優しいお味に変わります。柚子の季節のご馳走です。

小寒も過ぎ、いよいよ本格的な冬の到来です。そして、肴の(違)、魚の美味しい季節です。鯖・鰤・牡蠣・・・日本酒かきりっと冷えた白ワインですね。
[PR]
by sanpomichikara | 2009-12-07 18:31 | 料理
<< 牡蠣グラタン 松前漬け >>