散歩道から
by sanpomichikara
カテゴリ
全体
レッスン
料理
下野農園
風景・出来事
花・果実
ペット
観劇・美術・音楽
絵手紙
NIKKO is NIPPON
Slovakia Cooking
とちぎ朝日
道の駅しもつけ
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
フォロー中のブログ
フランス美食村
Papa's Diary
きまぐれ日記/Ryoko
ぶんぷり日記
描いていく。
Endless story
+藍色+
K's Sweet Ki...
暮らし
賞味期限過ぎてます
うさぎのつぶやき
とちぎ園芸 スタッフブログ
僕生活
Couleur
眺めのいい部屋@かまくら
飛んでも五分歩いても五分
珈琲はいかが
Gardenうさぎ
Quercus クエルクス
Macと音楽と木工と ....
りえ's Cheerfu...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:未分類( 92 )
だし
a0079259_11244412.jpg
`だし’といえば山形の郷土料理ですが、こちらは見よう見まねで作った`我流だし’です。
ナス・キュウリ・オクラ・ピーマン・ネギ・大葉・ショウガ・ミョウガが入っています。
冷奴に、ご飯のお供に、冷酒のつまみに、と爽やかな夏のお味です。
ジャコやかつお節など入れたり、また納豆と混ぜてもいいですね。
本場山形ではどのように作るのでしょうか。


-レシピ-
・ナス・キュウリ・ピーマンを細かめのさいの目に切り塩水に放します。
・5分程置きギュッと絞りボールに入れて粗みじん切りのオクラとみじん切りにしたネギ・大葉・ショウガ・ミョウガを加えます。
・素麺のつゆよりも少し濃い目の出汁を加えよく混ぜます。
・冷蔵庫で保存します。

☆賞味期限は確かめる間もなくなくなってしまいますが、3~4日はもつと思います。
☆この器はそば猪口です。かなりアップの撮影でした^^;
[PR]
by sanpomichikara | 2008-07-20 11:41
からすみパスタ
a0079259_2224341.jpg
a0079259_2231667.jpga0079259_2234681.jpg
菜の花のようにミモザのように黄色い花に見立てたからすみのフレークをたっぷり乗せた‘からすみパスタ’ホワイトデーのお礼を込めてK&Tさまをお招きしてのお食事会でした。
パスタはアルデンテに茹で、仕上げに菜の花を鍋に放り込みます。ざるに上げ、ニンニクの薄切りと輪切りの赤唐辛子をオリーブ油でゆっくり炒めた中に入れ味を馴染ませます。皿に盛っておろしたからすみをたっぷり掛け、薄切りのからすみを添えて出来上がり。たまの贅沢でしょうか、春到来のお祝いでもあります。赤ワインとともに美味しくいただきました。


-追記-
からすみは日本では長崎の名物ですが、イタリアではボッタルガ(Bottarga)と呼ばれ、サルディニア島の特産品となっています。ボラの卵を塩漬けにした後天日に干して生とはまた違った旨味を楽しむ術は海を越え共通のようです。地中海からシルクロードで中国を経て日本に伝わったのか、あるいは海辺の人が独自に産み出した産物か定かではないようですが、旨いものはうまい、これにつきます。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-03-19 22:12
大回顧展モネ
a0079259_7171218.jpg
国立新美術館に行ってきました。
モネは好きな画家の一人。見ているうちに顔がほころぶのを感じます。
穏やかな感動のひと時でした。
そして初めての国立新美術館。うわさの建築が楽しみでした。
床と壁は木材なので吸音効果があるのでしょうか、人が多い割にはざわざわした感じがなく、落ち着きた雰囲気です。
しかしあの流線型のフォルム、手が込んでます。
建築に携わるそれぞれの分野、いずれも監督泣かせの仕事に思えました(笑)
a0079259_727314.jpg
a0079259_734228.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2007-05-28 07:28
エゴノキ
a0079259_85586.jpg
エゴノキです。近くで見ると梅の花のような形をしています。
真っ白できれいな花です。
その昔、エゴの実でシャボン玉遊びをしたのは私だけでしょうか。
ストローは麦の茎でした。あっ!だからストロー[straw]っ言うんですね。
お隣との境界に植えられていました。

これは散歩道で見かけました。
ウツギかと思いましたがエゴノキでした。
a0079259_862057.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2007-05-23 08:08
お知らせ
a0079259_203545.gif


全国の地方新聞社49社からなる、日本最大級のメディアネットワーク
歴史や文化、豊かな自然や暖かいおもてなしのこころ、匠の技、地場産業など地域固有のあらゆる資産を掘り起こし、 『地域ブランド』『日本ブランド』として広く、日本全国、更には世界までにも発信します。また、地域間の交流を通じて、創造性豊かな 地域作りの実現に向けて新しい価値を創造していきます。 正式名称はJPN(Japan Press Network)47CLUB。呼称「よんななクラブ」。「JPN」は日本をあらわすと同時に日本のプレス(新聞社)によるネットワークを意味します。「47」は日本の都道府県の数47に由来し、各地域を代表する商品が集まるサイトということで名づけました。ロゴは日本列島をモチーフとし、緑は日本の豊かな自然を表現しています。
               <47クラブ>より引用



私のごひいきの園芸店「とちぎ園芸」さんもモールに出店しています。商品カテゴリーは[楽しむもの]→[趣味]です。はたして地方新聞社の結集の力はいかに。

[PR]
by sanpomichikara | 2007-04-15 20:13
象の家
a0079259_23392731.jpg
a0079259_23404458.jpg

宇都宮市の西部の町・大谷にある「象の家」です。
こちらのお店は古くからのファンの多いエスニック料理のお店です。23日から今日まで3日間クリスマススペシャルメニューが人気を呼んでいました。どのお料理もオリジナル性に富んで何度行っても飽きることがありません。そして店長さんと奥さまのお人柄にも惹かれます。今晩は親しいお友達と共に、暮れに向けての英気を養うお食事会となりました。
[PR]
by sanpomichikara | 2006-12-25 23:51
カラタチ
a0079259_10394322.jpg

春に白い花を咲かせ、夏に実を付け、10月を迎えると黄色に熟するカラタチの実。豊作も不作もなく毎年決まってよく実ります。昔は垣根によく用いられたそうですが、この棘が外部からの進入を防いだのでしょう。冬場に乾燥した棘は危険を伴います。この鋭い棘に、百舌がトカゲやカエルなど捕獲した餌を刺す「モズのはやにえ」を、恐いもの見たさに毎年期待しているのですが、百舌さんはなかなかやってきません。
[PR]
by sanpomichikara | 2006-10-12 10:53
ヤブミョウガ
a0079259_7203672.jpg

黒真珠と白真珠のような実が付きました。
白からやがて黒に変わります。
植物の輝き、何ものにも勝ります。

今日から3連休の方も少なくないことと思います。
車での移動には十分に気をつけて初秋の風をお楽しみください。
[PR]
by sanpomichikara | 2006-09-16 07:28
ナスの漬けもの
a0079259_8531718.jpg
秋雨前線が本格的な秋を連れて来ました。今日は久しぶりに青空が見られそうです。台風も来ているようですが、たわわに実った稲や果実類に、どうか被害の少ないことを祈っています。秋茄子の塩漬け。私は漬けたのではありません。義母の作品です。義母は漬物の天才。いえ、漬物ばかりでなく煮物もです。いつになたらあの味が出せるのか・・・永久の課題です。茄子と一緒に漬け込んだ青唐辛子をみじんに切って、それとミョウガの薄切りをあしらいます。お酒のお供に、ご飯のお供に、季節の恵みに感謝しつついただきます。
[PR]
by sanpomichikara | 2006-09-15 08:59
お塾
a0079259_174389.jpg

犬の訓練に行ってきました。最近のジャン、散歩の時にすれ違う犬に異常に反応します。今までにきちんとした訓練を受けさせていなかったので、少し時期をはずしてしまいましたが改めて調教をしていただくことになったのです。今日が初回です。訓練を受けながら思いました。犬の訓練ではなく、飼い主すなわち私が訓練を受けるというのが正解なようです。そして訓練士さんのマジックを目の当たりにしました。訓練士さんの手に掛かると、まるで別人のように、ではなく別犬のように従順になってしまいます。さすがです。訓練士さんには犬の気持ちがわかってしまうようです。これから週に一度通います。がんばろう!ジャン。そして驚きがもう一つ。その昔、夫の家で飼っていた犬(コリー犬でバッカスという名だったそうですが)の訓練士さんはこのジャンの訓練士さんのお母様でした。その当時は日本でも有数の女性調教師さんだったそうです。そしてそんな昔話をしましたら、この訓練士さんもなんとそのバッカスを覚えていらしたのです。訓練の後に、夫と訓練士さんでそんな思い出話に花が咲きました。代々お世話になることになるようです。何かのご縁を感じます。休日でしたが、犬のお塾で飼い主共々お疲れの一日となりました。写真のお友達はゴンタ・ダイ・ショウくんです。ゴンタはチョコレート色のラブラドール。ダイとショウは兄弟で、まだ眼も開かない産まれたばかりの捨て犬だったそうですが、この飼い主さんに救われたとのこと。大きいほうがダイ、小さいほうがショウと名づけられたそうです。ミックスですが躾が行き届いてとても優秀なワンくんです。ジャンの訓練の途中に遊びに来てくれました。ジャンも最初は警戒していましたが、間もなくすっかり仲良しになりました。
これから2か月がんばろうね!
[PR]
by sanpomichikara | 2006-08-27 18:34