散歩道から
by sanpomichikara
カテゴリ:料理( 582 )
バーニャフレッダとグリル
バーニャカウダソースの冷製をバーニャフレッダと言うそうです。たくさんの野菜もコクのあるソースでいただくとたくさん食べられます。少しのパンを添えればそれで十分なランチになります。
そして、最近の私のブームに野菜のグリルがあります。玉ねぎ・ニンジン・カブ・さつまいも・かぼちゃ・ナス・パプリカ・・・冷蔵庫やストッカーにある野菜何でもOKです。オーブンの天板に並べてオリーブオイルを回しかけ、ハーブソルトをふって200度で30分ほど焼きます。天板に少し焦げができるくらいが美味しいです。色とりどりの野菜をたくさん食べたいメニューです。
a0079259_20435309.jpg
a0079259_20435864.jpg
a0079259_20440384.jpg
a0079259_20440003.jpg
a0079259_20451921.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2017-11-02 20:52 | 料理
栗2017
宇都宮市の若山農場の栗を求めに行って来ました。今年はことのほか豊作のようです。立派に育った栗を5キロほど頂いて来ました。
まずはお決まりの渋皮煮です。鬼皮を剥くのは時間がかかるけれど美味しくできた渋皮煮は冷凍庫で保存できまので、いつも少し多めに仕込みます。そして仕上がった渋皮煮でパウンドケーキを作りました。あるイベントでティータイムを担当させていただきました。渋皮煮の入ったパウンドケーキとバニラクッキーとレモングラス入りほうじ茶のセットはとても喜ばれました。
a0079259_20320478.jpg
a0079259_20320828.jpg
a0079259_20320973.jpg
a0079259_20321574.jpg
a0079259_20321221.jpg
a0079259_20321826.jpg
a0079259_20322011.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2017-10-15 20:31 | 料理
セミドライトマトのオイル漬け
梅雨が明けてから晴れた日は数える程度。梅干しを干すのにこんなに気を遣う年も初めてです。お盆前にどうにか三日+一日で干し終えました。

そして、トマト農家さんに頼んでおいたボルゲーゼが届きました。天日干しは難しそうなのでオーブンで乾燥させました。粒が少し大きめだったので110度で120分、希望通りのセミドライとなりました。瓶にオリーブオイルと詰め込みます。冷蔵庫保存で1~2か月は楽しむことができます。トーストに乗せたり、チーズと共におつまみにしたり、パスタのトッピングと、美味しくいただいています。
最後の画像はティオティックと言う品種です。ボルゲーゼよりも大きくサンマルティーノよりも小ぶりな肉厚の品種です。こちらもセミドライにしました。

a0079259_10375543.jpg
a0079259_10375879.jpg
a0079259_10390047.jpg
a0079259_10382219.jpg
a0079259_10382533.jpg
a0079259_10383024.jpg
a0079259_10383293.jpg
a0079259_10383539.jpg
a0079259_10462495.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2017-08-16 10:49 | 料理
グジェール
グジェールGougèrea はフランス、ブルゴーニュ地方のお料理の一つです。シュー皮にチーズを混ぜて焼きます。みじん切りにしたハムやベーコンを混ぜたものを焼くこともありますが、こちらはシンプルにチーズと塩と粗びきの黒コショウだけです。熱々でも美味しいですが冷めてからジャムなどと一緒に食べても美味しいです。ブルゴーニュ地方のお料理となるとやはり赤ワインは欠かせませんね。
a0079259_1605945.jpg

a0079259_161236.jpg

a0079259_161495.jpg

a0079259_16167.jpg

a0079259_161899.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2017-05-24 16:01 | 料理
山椒
庭の山椒の木も今年も変わらず沢山の芽を吹いてくれました。
せっかく芽吹いたのに少し大きくなると摘まれてしまって少しかわいそうな新芽たち、余すところなく大切に頂きます。うちの山椒は雄花のようで花は咲いても実は付けません。そして花はいつの間にかぽろぽろと落ちてしまいます。そこで今のうちに摘んで塩漬けにして保存します。山椒の木は放っておくとどんどん高く伸びて行きます。剪定と言う口実の元、伸びてしまった上の方の枝を切り、家の中に持ち込んで流し台で作業します。こうすると外で枝を引っ張って摘み取るよりも数倍楽に行えます。ゴールデンウィークの初日の朝のお勤めでした。
a0079259_1731316.jpg

a0079259_1731374.jpg

a0079259_17315628.jpg

a0079259_17315981.jpg

a0079259_1732457.jpg

a0079259_17321298.jpg

a0079259_17322599.jpg

a0079259_17322918.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2017-04-29 17:30 | 料理
筍の瓶詰め
今年は全国的に筍が不作のようです。しかし不作とはいえ竹林を持っている友人から今年も変わらず愛の手が届きました。ありがたや、ありがたや。そして旬の味を瓶に詰め込み保存作業です。近年スムージーやサラダの容器として人気の高いアメリカのBall社(ボール社)のMason Jar(メイソンジャー)の出番です。殺菌~脱気と1時間程かかりますが、こうすることによって旬のお味をいつでも楽しむことができるのですから苦にもなりません。今、瓶詰めされた筍は玄関わきの涼しいところに置かれています。暮れに瓶から取出しジップロックに入れてパリに持って行けると嬉しいな。
a0079259_17111862.jpg

a0079259_17112360.jpg

a0079259_17112631.jpg

a0079259_17113093.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2017-04-28 17:10 | 料理
和豚もち豚
昨年より「和豚もちぶた」のレシピの提供をさせていただいています。今回は「和豚もちぶたの薄切り編」です。生姜焼きのおにぎらずと肉巻きおにぎりを作りました。お花見にこんなお弁当はいかがですか?
a0079259_222315.jpg

a0079259_2223651.jpg

a0079259_2223497.jpg

a0079259_2223916.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2017-03-22 22:13 | 料理
白パン
久しぶりに白パンを焼きました。
餡とクリームととちおとめで”とちおとめ白パン”にしたり、とちおとめのジェラートで”とちおとめジェラートサンド”にしたり、イチゴの季節を楽しんでいます。
a0079259_21542289.jpg

a0079259_21542694.jpg

a0079259_21544634.jpg

a0079259_21544048.jpg

a0079259_21544256.jpg

そしてこちらは、トマトとブラッドオレンジと”とちおとめのスムージー”と”とちおとめリゾット”
a0079259_215908.jpg

a0079259_2159353.jpg

a0079259_2159784.jpg

a0079259_21591160.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2017-03-22 21:57 | 料理
縁トラベル Ⅱ
縁トラベル「おいしいいちごができるまで」の第二段
12月3日、今回はリンゴと柚子のランチでした。
ろまんちっく村の広場でのグラマラスキャンピング、雲一つない青空の元でのアウトドアランチは大人も子供ものびのびリラックスでした。
a0079259_2145284.jpg

a0079259_2145924.jpg

a0079259_215877.jpg

a0079259_2151552.jpg

a0079259_2152518.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2016-12-06 21:05 | 料理
縁トラベル Ⅰ 梨園で梨ランチ
縁トラベル企画の「おいしいいちごができるまで」のランチを担当させていただきました。

おいしい苺ができるまで
いちごはどんな風にできるのでしょう?
この季節だからできる、この季節だけの☆フルーツ♪を特別メニューで
味わうこともできます。
11月~2月まで各1回のツアー。次回は1/15、2/12を予定しています。
各回、生産者・料理研究家・シェフ・食と農の専門家のお話しを伺いながら、
頭と味覚でフルーツを楽しみましょう!

11月5日、今回は梨畑でのランチでした。
梨の葉の木漏れ日の中、緩やかな時間が過ぎて行きます。
ご参加の皆さまとの歓談も楽しかったです。

a0079259_18345943.jpg

a0079259_1835196.jpg

a0079259_1835785.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2016-12-06 20:53 | 料理