「ほっ」と。キャンペーン

散歩道から
by sanpomichikara
カテゴリ:絵手紙( 9 )
絵手紙
a0079259_6405137.jpg
a0079259_6511756.jpg動けるうちに、働けるうちに、日の暮れぬうちに、まごまごしているうちに、日が暮れる、そんな毎日です。
それも健康な証と楽しくやって居ります。
絵の方は少々怠け気味です。
連休は出かけるのは止めにして、これから動きます。
・・・・・・
お元気で。





母から届いた絵手紙です。
最近割り箸の先を削って筆の代わりにする技法で描いているようです。
苧環草ですね、ありがとうございます。
連休が終わった今週末我が家にやってきます。
母の日のプレゼントも何もしていないので二泊の滞在のうちに何かしようと思っています。
父は7月で母は8月で82歳になります。
今のところ二人とも悪いところもなく元気です。
母は俳句・絵手紙・ご詠歌とスケジュールがいっぱいです。
父はそんな母のアッシー君です。
いつまでも元気でいて欲しいと願う両親です。
[PR]
by sanpomichikara | 2009-05-14 06:53 | 絵手紙
ツワブキ
a0079259_2027226.jpg
a0079259_20493660.jpg母からの絵手紙。
割り箸で描きました、とあります。

宛名面には
「年毎に何をするのも億劫になってしまいまして・・・でもお陰様で健康で毎日を忙しく過ごしております。・・・・先日は花巻温泉に行き憧れの宮沢賢治を訪ね・・・・年内にはお伺いしようと思っています。・・・・」

何をするのも億劫でも新幹線で出かけられるのですから、まあ安心です。

寒くなりましたね。
お風邪など召さぬようお元気でお過ごしください。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-12-05 20:37 | 絵手紙
絵手紙
a0079259_14545970.jpg
a0079259_1584154.jpgお手紙ありがとうございます。
アイスクリームも溶けてしまいそうな暑さが続きますね。
母上もどうぞお元気でお過ごしください。
我が家に来る日を楽しみにお待ちしています。

と、ここに書いても母には通じません^^;
いつも返事は電話で済ませていますが、たまには絵手紙でも描こうかナ。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-08-07 15:02 | 絵手紙
絵手紙
a0079259_812119.jpg

a0079259_8152980.jpg
たぶん母はむしらないんだろうな。
私はむしります

母からの絵手紙です。

十薬ってドクダミのことなんですね。
ドクダミに・・・見えますみえます。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-06-10 08:18 | 絵手紙
絵手紙
a0079259_2039488.jpg
いくつになっても嬉しいお雛様。

絵手紙をありがとう。
どうぞ風邪など引かずに元気に春を迎えてください。
 母へ                     Yoshimi

追伸:男雛のお顔がナインティーナインの岡村さんに似ていますね。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-02-25 20:45 | 絵手紙
絵手紙
a0079259_2056294.jpg

外は寒くても、ふところは寒くても、暮れに向かって忙しくても、心はいつもあったかでいたいものです。
母へ。
[PR]
by sanpomichikara | 2007-12-04 21:02 | 絵手紙
絵手紙
a0079259_17504780.jpg
a0079259_17511242.jpg母から久しぶりに届いた
絵手紙。

「二か月ぶりで絵手紙教室に行きました。だんだん描くのが億劫になりましたが、やはり楽しいものです。お陰様で二人とも元気。ご心配なく。桜も桃も散り草花だけの静かな庭になりました。お出かけください。」

ありがとう。
でも
宛名は忘れずに書いてください。郵便屋さんが困ってました。。。
[PR]
by sanpomichikara | 2007-04-23 17:59 | 絵手紙
絵手紙
a0079259_8361135.jpg
母からの絵手紙に元気をもらった
80になろうとしている母
文面はいつも私を気遣う言葉が添えられている
そして次に孫のこと
あなたが心配せずとも
皆元気に動いていますとも
いくつになっても
離れていても
心配は止まないのだろう
またあなたの元気もはがきで届けてください
[PR]
by sanpomichikara | 2006-11-08 08:46 | 絵手紙
絵手紙
a0079259_2241595.jpg
母から届いた絵手紙です。






70代最後の誕生日を先月17日に迎えた母。
母は私がまだ小学生の頃、昭和30年後半、あの頃では珍しく女性の普通自動車免許証取得者だった。
しかし、一昨年の免許書の更新の際、更新をせず、自ら運転免許証の資格を破棄したのだった。
それは娘・息子そして孫達の意見によるものだった。
運転のうまさは言うに及ばず。
アイコンタクトを信じる母。
しかしアイなど見ていない運転手様もたくさんいること。
お辞儀をすればいいってもんじゃあない。
それを母は知らない。
そんな母にも「意地」はあるらしい。
先日私に何気なくぼやいた。
「F姉ちゃん(母の二つ上の姉)は免許証を更新したんだって」と。
姉よりも早くリタイヤしたことを悔やんでいるらしい。
でもあなたには忠実なアッシーがいる。
晴耕雨読の父をアッシーに従え、何不自由なく動くことが、母上の、いえ、母を取り巻く皆の何よりの安全かと満場一致で決議された次第だった。
絵手紙教室、俳句教室、御詠歌、どれほど楽しいのかこのお稽古だけは何があっても怠らない。
お気楽で、のんびりで、自分のやりたいことは多少、いえ、かなり、周囲に迷惑をかけながらも全うす。
これがわが母のモットーなのです。
しかし、きみちゃん。
この絵手紙に書かれているものってなんですか?
フクロウ?ミミズク?
それとも羽の生えたフグ?
トトロじゃないですよね?
今日もいいことがいっぱいあるっていいことです。
そう思えるあなたは
さいこ~です!
どうぞ、長生きしてください。
いえ、きっと長生きするでしょう。
そして私は祈ります。
明日も心配事がありませんようにって。
[PR]
by sanpomichikara | 2006-09-05 22:22 | 絵手紙