散歩道から
by sanpomichikara
<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
クチナシ
a0079259_1741131.jpg

クチナシの名前は、クチナシの果実が開裂しないので、クチナシ(口なし)から名付けられたそうです。 クチナシの果実の乾燥したものを、山梔子(サンシシ)といいます。晩秋に山梔子(サンシシ)が紅く熟したら摘んで風に干します。しっかり乾燥させて保存しておきます。薬草としても珍重されるそうですが、私は栗きんとんを作る時に欠かせないものとなっています。サンシシを軽くつぶしてガーゼにくるんで、サツマイモを煮る時に一緒に入れます。入れたとたんに煮汁がふわ~っと黄色に変わります。これを入れると入れないでは仕上がりの色味がまったく違います。先人の、薬効と見栄えを兼ね備えたこんな知恵には感心するばかりです。またクチナシの葉はアゲハチョウの幼虫の大好物。早速枯れ枝のような姿の幼虫を見つけました。多い時は視野の中に5匹くらいいます。以前は見つけると金バシで摘まんで(正確に言うと摘んでもらって)庭の前の原っぱのほうに移動してもらいましたが、今は好きなように食べさせます。蝶にかえってからでも葉はまた生い茂ります。サンサシには手をつけないのでいても良しとしています。今、花の甘い香りが庭を漂っています。
[PR]
by sanpomichikara | 2006-06-30 07:57
福永武彦画文集
a0079259_21332154.jpg

福永武彦画文集(上・中・下)です。
今日、高校時代の恩師からいただきました。昨年秋に同窓会が行われて以来、高校1年時のクラスメイトの気の合ったメンバー4人で担任の先生をお招きし、時々食事会をしています。そして今日は、先生が4人に見合った本を手土産に持ってきてくださいました。なるほどそれぞれが興味を示しそうな本です。さすがせんせい。私が頂いたこの本は、福永氏が山野を歩きながら描いた花や風景のスケッチやコメントが、気負わず気ままに感じるままに表現されています。深沢紅子さんのスケッチも好きですが、福永武彦さんの絵も素敵です。もっと絵を描こうって思いました。
[PR]
by sanpomichikara | 2006-06-28 21:41
ヤマアジサイ
a0079259_883124.jpg

その名は「くれない」
白からやがて紅色に変わります。
七変化はアジサイの別名。
花言葉は「移り気」
[PR]
by sanpomichikara | 2006-06-27 08:09