「ほっ」と。キャンペーン

散歩道から
by sanpomichikara
<   2006年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
トノサマバッタ
a0079259_2133223.jpg

軒下の蘭の葉に見つけたトノサマバッタ。
羽や足や尾の辺りが薄茶色に変わっています。保護色ですね。
生物の神秘です。









-つぶやき-
虫の音も静かになってきた。明日から11月、今年も残すところあと2か月。一雨一度と言うが、今年はいつもよりも寒さが緩いような気がする。それとも忙しく動いているせいだろうか。仕事の忙しさも一息。その分ほかの忙しさが穴を埋める。思うに、生まれてこの方自分には「暇」と言う言葉が見当たらない。貧乏暇なしとはよく言うが、時間の手持ち無沙汰の覚えがない。健康に不自由なく動いていられることに感謝せねば。来月初めに健康診断が待っている。健康診断にかけて節制するなんて愚の骨頂。どうか肝臓の数値が通過しますように(笑)
追記:TさんYさんまた虫の登場ですんまへんm(__)m

[PR]
by sanpomichikara | 2006-10-31 21:41 | 風景・出来事
日光アイスバックス
a0079259_23204557.jpg

今年初めて霧降アリーナに観戦に出かけました。日光神戸アイスバックスVS王子製紙。バックス#15と王子#34が出てくると応援ができなくなってしまいます。。。でもホントは#61に会いに行きました。試合の結果は公式サイトでご覧ください。






-つぶやき-
今日BSで「つま恋コンサート」が再放送された。DVDに撮ったものを今見ているが懐かしい歌ばかりで眠れそうにもなく。かぐや姫も拓郎もほとんどすべての曲が歌える。。。31年前につま恋に行った日を思い出しながら。その当時オールナイトのコンサートに行くなんて私の中ではとても不良な出来事だった。もちろん親には内緒。口実はなんだったか・・・(忘)東海道線の掛川の駅から会場までくてくと歩き(貧乏学生はタクシーなどに乗る気も起きず)そして自然と行列ができた。あの頃コンビニなどなくバッグの中にはおにぎりと水筒が入っていた。(ビールでなかったのは確か)誰と行ったの?と聞かないで(笑)コンサートは盛り上がり次第に夜が更け白々と夜が明けるまで会場一丸となって歌った酔った。。。遠い日の青春のひとこま。

[PR]
by sanpomichikara | 2006-10-29 23:24 | NIKKO is NIPPON
ダイモンジソウ
a0079259_2047990.jpg
夕暮れの犬の散歩。
10月も末だというのに少しも寒くなく、早足で歩くと来ている上着が重く感じるくらいでした。上弦の月が西の空に寂しそうに浮かんでいます。今年も残すところあと2か月。一週間が一か月がそして一年が早く感じられます。











-つぶやき-
昨夜、札幌の住む次男に「日ハム優勝おめでとう」コールをしたところ、今下宿には自分とB先輩と数人しか残っていないと。他の皆はすすきのに繰り出しているらしい。お金がない者は部屋のTVで応援しているのだと言っていた。(そうです、学生はすすきのなどに繰り出して浮かれている場合ではありません・母)そしてまた、日ハム大ファンの下宿のおばさんは夕食の準備が済むと姿が見えなくなったとも。(この下宿は食事つきアパートでバストイレ付の個室が30部屋あり、食事は食堂で頂きます。朝夕二食付きです)ともあれ「日本ハムファイターズ優勝おめでとう!」。新庄の引退にふさわしい場所と結果になった。新庄のこれからの行方が気になるが、きっと彼のキャラクターはいずれの分野においても発揮できるであろう。勝者あれば敗者あり。話し変わって、スキーシーズンもいよいよ開幕。初のUSA遠征も間近になった。目標に近づけるようがんばれ。

[PR]
by sanpomichikara | 2006-10-27 20:49 | 花・果実
ウラジロモミ
a0079259_8214389.jpg

クリスマスシーズンになると家の中に運び込まれ、あれこれぶら下げられチカチカ電飾される鉢植えのウラジロモミの木。
クリスマスにはまだ早いけれどこんな素敵なオーナメントを下げていました。

秋晴れの青空の気持ちの良い朝を迎えました。
今日も忙しい一日になりそう。さあ!活動開始です。
[PR]
by sanpomichikara | 2006-10-26 08:28 | 花・果実
ツワブキ
a0079259_19574624.jpg

秋に黄色は良く似合う。この花はまだ咲きはじめですが、花が終わるころに初霜の便り、そして北部山沿いの初雪の便りがあることでしょう。冬は遠くないようです。

「いくたびか 時雨(しぐれ)のあめの かかりたる 石蕗(つわぶき)の花も つひに終はりぬ」斎藤茂吉




つわぶき
-つぶやき-
新PCと向かうあうこと5日目。だいぶ環境も整った。このPC、画面も明るいし、スルスル・サクサク・クリクリとまことしやかに動いてくれる。物の値段とは生産者側の原価と消費者側の供給度によって設定されるが、これほどお役立ちの機器にしては決して高くないと感じてしまうのは私だけか。ともあれ大変にお気に入りの代物である。しかし、手元のPCの機能がアップするも、使用者のスキルに変わりはなく、宝の持ち腐れにならぬよう。

[PR]
by sanpomichikara | 2006-10-25 20:09 | 花・果実
ブルーヒーター
a0079259_859372.jpg
台風のような風と雨の朝です。アラジンブルーヒーターが登場しました。40年物です。暖房効果はあまり高くありませんが、この青い炎がお気に入りです。ちんちんと沸くやかんで入れるコーヒーはまた格別。和室にも不思議とマッチします。ところどころ塗装が禿げたり(違)剥げたりしていますが、芯さえ交換すればまだまだ使えそうです。この風雨で色づいた葉っぱも随分落とされることでしょう。秋から冬への準備です。
[PR]
by sanpomichikara | 2006-10-24 08:52 | 風景・出来事
ノイバラの実
a0079259_19115494.jpg
散歩道で初夏に楽しみにしているノイバラの花。そしてこの季節に、この実もまた美し。このノイバラの実は営実(エイジツ)と呼ばれ、寫下薬、利尿薬として日本薬局方にも記載されているそうです。また、バラの園芸品種に房咲き性をもたらした原種であり、日本では接ぎ木の台木に使用されています。古くは「うまら」と呼ばれ万葉集にも歌われています。
道の辺の茨(うまら)のうれに延ほ豆のからまる君をはかれか行かむ-丈部鳥(はせつかべのとり) 万葉集4352-
〈注釈:道ばたのうまらの枝先に這いのぼる豆のように、あなたは私にまつわりつくけれども、別れていかねばならないのだよ。 妻との別れを惜しむ防人の歌です。)
あぁ秋の夜長に想うはそなたのことばかりなり-よしみ-(注釈:秋の夜長は美味しいワインでも頂きながら物想いにふけりたいものだと思いながら、ほかに気がかりなものがあるという歌です。そなた=PC)
[PR]
by sanpomichikara | 2006-10-22 19:23 | 花・果実
センボンヤリ
a0079259_22202113.jpg
いつかご紹介したセンボンヤリの綿毛です。
花を開かせない“閉鎖花”ですからつぼみの状態からいきなりこの茶色い綿毛になります。
それに加え春にはまったく想像もつかない形状の違うピンクの愛らしい小さな花を咲かせるという不思議な花です。









-つぶやき-
一昨日の夜にいきなりPCがクラッシュ。再起動するとセーフティーモードになるもマウスも動かずもう手も足も出ない状態に陥る。そう言えばつい2・3日前友人にいつどうなってもよいようにバックアップなるものを取っておいたほうがよいぞと言われたばかりだった。PCに聞こえてしまったかのようだ。あたふたと詳しい友人にSOSをかけた所「PCのお医者さん」があることを教えてもらった。そして、以前PCスクールでお世話になった先生を思い出す。先生はPCのお医者さんを育てているようなお医者さんだった。早速翌日動かないPCを持って駆けつける。ありがたいことにすべてのデータを抜き出してもらえた。かかること5時間。その作業中に私は家電量販店に新しいPCを物色に出かける。今までの私のPC歴。第1号はNECValueStar・Win95(1995)平行してTOSHIBASatellitePro(1996)Win95のちに98にup。(当時のプロバイダはBekkoame、そしてメールはNetscapeだった・うん懐かしい)しばらくしてTOSHIBAdynabook・Me(2001)。そしてこの日、TOSHIBAdynabook2号・XP(2006)を購入するに決定。やっと今になってXPと向き合えるかと喜んでいると、なんでも来年早々にXPの進化版だ出るそうだ。日進月歩とはこのことか。どうも乗り遅れ気味である。そして何故にTOSHIBAで始まったかという理由は、当時モーレツTOSHIBA人だった義兄に敬意を表したのが始まりだった。そしてここ10年間、PCの価格は機能同レベルにして下がる一方。需要と供給の関係の現われか。ありがたいことである。それにしても‘物持ちがよい’を自負しているわたくし、なるほど物持ちがよいようだ。1台につき減価償却期間5年。自宅と事務所を毎日持ち運び、しかもプライベートからビジネスまですべて1台で済ませている。思えば随分と酷使してきたものだ。お医者様が抜いてくれたハードはわずか名刺の一回り大きくしたものだが、5年間の私の履歴が刻まれていると思うと、とても愛おしく感じた。PCだけが知っている足跡はずっしり重かった。さて約一日掛かって前PCから新PCにデータを移行してもらい意気揚々と自宅に帰ったはよいものの、それで終わりではなかった。無線LANの設定やら何やらまだまだ完全な姿には仕立てられない。しかも気づいたことに型の古いプリンターはXPに互換性がなくカスタマーセンターの問い合わせの答えは2000virでダウンロードせよとのこと。明日と明後日は予定返上、PCに疎い頭脳を駆使しPCオタクとなる予定。秋の夜長、こうして根暗な時間は続くのだった。
「お世話になったM田先生ありがとうございました。フラッシュ講座楽しみにしています。」

[PR]
by sanpomichikara | 2006-10-20 23:07 | 花・果実
エイザンスミレ
a0079259_93304.jpg

今頃エイザンスミレ?とお思いでしょうが、うちのエイザンスミレは毎年春と秋と二度咲きます。
物言わずにいつの間にかひっそりと咲きます。
秋色の中、すみれ色がけなげです。
[PR]
by sanpomichikara | 2006-10-18 09:43 | 花・果実
奥日光
a0079259_21404631.jpg
各地から紅葉の便りが届きます。
ご多分に漏れず奥日光に行って来ました。
今年は7月の初めに同じコースをたどりましたが、夏に昇る朝日とは位置がかなり違っていました。当然時間も。
写真は中禅寺湖の遊覧船からの景色です。錦繍とはこのことかと。

久しぶりにSeasoningを更新しました。
[PR]
by sanpomichikara | 2006-10-16 21:49 | NIKKO is NIPPON