散歩道から
by sanpomichikara
<   2008年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
midsummer
暑中お見舞い申し上げます。
暑い日が続きます。
お盆休みに向け何やら気忙しくなってきましたが
体調など崩されませんようお気をつけてお過ごしください。
a0079259_8303736.jpga0079259_831383.jpg
a0079259_8312236.jpga0079259_8342649.jpg
a0079259_8555114.jpga0079259_8345574.jpg
[PR]
by sanpomichikara | 2008-07-31 08:42 | 風景・出来事
サバの味噌煮
a0079259_21595468.jpg
a0079259_2201624.jpga0079259_2202950.jpg
海のない我が県でもたまに目のギラギラした魚に出会うことがあります。
近所のスーパーにサバが並んでいました。
しかも一尾298円^^
サバと言えば我が家では味噌煮です。
あまり大きなものでなかったので筒切りにしました。
水に味噌・酒・みりん・砂糖少々を加え煮立て、薄切りのショウガを加え内臓をきれいに洗い流したサバを煮始めます。
落し蓋をして20分ほど、ふっくらしっとりの味噌煮に仕上がりました。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-07-28 22:09 | 料理
米茄子の田楽
a0079259_2125175.jpg
米茄子の田楽です。
米茄子は縦半分に切り、ぺティナイフで切込みを入れます。
サラダ油で切込みを下にして5分ほど揚げ、逆さまにして3分くらい揚げます。
田楽味噌は味噌・みりん・酒を練り上げます。
甘さはお好みなので甘いのがお好きな方は砂糖を加えてください。
油をきった米茄子に味噌を塗り白ゴマをひねります。
新鮮な米茄子は水に放してあく抜きをしなくても大丈夫です。
水気があると油で揚げる時にはねるのでお気をつけてください。



-つぶやき-
ここ10日間程、天気予報では夕方に雷雲が発達するので落雷や豪雨にご注意、と言われても、ここ県中央部では雨雲の切れ目にあたるのか雨の気配がない。そして今日は待望の夕立があった。雷も遠くの方から聞こえるので落雷の心配もなく久しぶりの夕立を歓迎した。庭の芝生も散歩道でみかける野菜たちもこの雨を喜んでいるに違いない。ところで、今世間ではとんでもない事件が多発している。その昔私たちが小学生の頃‘道徳’という授業があった。今もあるのだろうか。当たり前の話を先生から聞いたり、ディスカッション形式で意見を述べ合ったり、つまらないような面白いような授業だった。まだ無垢な小学校低学年の心に道徳心を植えつける必要を感じる。当たり前の良いことと悪いことを家庭と学校とで改めて話題にしてはどうだろうか。と思うこの頃。

[PR]
by sanpomichikara | 2008-07-27 21:51 | 料理
ミョウガ
a0079259_2064662.jpg
この辺りではまだミョウガは出始めですが採れたてのミョウガを頂きました。
お料理と言うほどのお料理ではありませんが、ミョウガとオクラの和え物です。
オクラは庭のプランターで育ったもの2本を朝摘みしました。ミョウガとオクラを小口に切ってかつお節としょう油を加え和えただけです。あつあつご飯によく合います。
納豆やジャコと一緒もいいですね。
新鮮な野菜はあまり手を加えないのが一番と思うのであります。



ーおまけ-
ワンコは暑さに弱く、朝晩のお散歩の後はこんなふうにくつろいでいます。
熱を放出しているのでしょうか。
a0079259_20494993.jpg
そして、最近抜け毛がひどく、毎日ブラッシングしてもこの通り。
a0079259_20502869.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2008-07-26 20:22 | 料理
ナスの煮浸し
a0079259_8553789.jpg
a0079259_8555846.jpga0079259_8561484.jpg
a0079259_857336.jpgナスは煮ても揚げても炒めても漬けても美味しい万能な野菜です。今日はシシトウと一緒に煮浸しにしました。煮浸しは出汁が命ですが、出汁をとっている時間のない時のお手抜き簡単レシピです。昆布を細く切って水に入れ調味料(酒・みりん・しょう油)も入れます。皮の部分に細く切り込みを入れたナスとシシトウを入れ、かつお節をペーパータオルで包んで落し蓋にして煮始めます。強火で10分くらい。ペーパータオルは水で濡れるとぴったりくっついてしまうので中のかつお節はバラけてきません。昆布も細切りにしてあるので一緒に食べられます。
温かくても冷やしても美味しい夏の煮物です。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-07-25 09:09 | 料理
パンプキンプディング
a0079259_21254471.jpg
a0079259_2131438.jpgまたも採れたてのカボチャを頂きました。
いい季節ですねぇ♪
今日はカボチャプリンにしました。カボチャをくださった方にお礼に一つ差し上げました。カラメルソースは少し苦め目、が好きです。


-レシピ-
全卵・・・3個
卵黄・・・2個
牛乳・・・200cc
生クリーム・・・150cc
パンプキンペースト・・・250g
砂糖・・・75g
バニラエッセンス・ブランデー・・・適宜
カラメルソース(砂糖100g ・水大3)

①カボチャは皮を剥きひたひたの水で茹で、マッシャーでつぶすか、ミキサーにかけてペースト状にします。
②牛乳を火にかけ砂糖を溶かします。
③卵・生クリームを混ぜカボチャペーストと牛乳を加え一度裏ごしします。
④器にカラメルソースを敷きプリン生地を流します。
⑤オーブンは180℃、湯煎で30焼きます。

☆今回はアルミのパウンド型で焼きました。焼き時間は焼き型によって異なりますので様子を見ながら調整してください。

[PR]
by sanpomichikara | 2008-07-23 21:38 | 料理
ジェノベーゼソース
a0079259_21474978.jpg
a0079259_21482031.jpg庭のバジルもすくすくと育っています。二度目の収穫、二度目のジェノベーゼソース作りです。一つは<バジル・ニンニク・イタリアンパセリ・松の実・パルミジャーノ・オリーブ油>の一般なもの。
もう一つは<バジル・ニンニク・オリーブ油>の極シンプルなもの。
a0079259_21535028.jpgシンプルなものの方がバジルの香りが楽しめるような気がします。コンキリエ(貝型のパスタ)を硬めに茹でソースをからめます。ワインのおつまみにどうぞ。





☆ジェノベーゼソースのジェノベーゼとは。イタリアのバジルの産地であるジェノバの地名から、この名が使われているのだそうです。

[PR]
by sanpomichikara | 2008-07-22 22:08 | 料理
カボチャ
a0079259_20505333.jpg
a0079259_20533050.jpgこんなヘチマのような形のカボチャを頂きました。
カボチャは今が旬ですが、保存がきいて真冬の冬至の頃までもってくれます。
カボチャと言えばまずは煮っ転がしです。
皮は柔らかく甘くてほくほくした美味しいカボチャでした。
明日はポタージュにしようかな。


ーレシピー
・カボチャは適当な大きさに切り、ひたひたのだし汁としょう油・みりんを一緒に入れ火に掛けます。
・蓋をせずに強火で炊き上げます。
・煮汁がなくなるまで煮詰めます。

☆調味料も最初から一緒に入れてしまうのは邪道かもしれませんが、この方法だと煮崩れが少ないような気がします。ちなみにサトイモの煮転がしもこの方法です。

[PR]
by sanpomichikara | 2008-07-21 21:06 | 料理
だし
a0079259_11244412.jpg
`だし’といえば山形の郷土料理ですが、こちらは見よう見まねで作った`我流だし’です。
ナス・キュウリ・オクラ・ピーマン・ネギ・大葉・ショウガ・ミョウガが入っています。
冷奴に、ご飯のお供に、冷酒のつまみに、と爽やかな夏のお味です。
ジャコやかつお節など入れたり、また納豆と混ぜてもいいですね。
本場山形ではどのように作るのでしょうか。


-レシピ-
・ナス・キュウリ・ピーマンを細かめのさいの目に切り塩水に放します。
・5分程置きギュッと絞りボールに入れて粗みじん切りのオクラとみじん切りにしたネギ・大葉・ショウガ・ミョウガを加えます。
・素麺のつゆよりも少し濃い目の出汁を加えよく混ぜます。
・冷蔵庫で保存します。

☆賞味期限は確かめる間もなくなくなってしまいますが、3~4日はもつと思います。
☆この器はそば猪口です。かなりアップの撮影でした^^;
[PR]
by sanpomichikara | 2008-07-20 11:41
夏野菜のグリーンカレー
a0079259_21123531.jpg
ズッキーニ・ナス・ピーマンのグリーンカレーです。薬味はトマトとパクチー。
グリーンカレーペーストは象の家さんのテイクアウトコーナーに置いてあるものです。ココナッツミルクは缶詰を使いました。ニンニク・ショウガをいつもより少し多めに入れて、夏バージョンのグリーンカレーです。

そしてタイカレーの苦手な夫のためのダイコンとイカのわた煮。
休漁は解除になったのでしょうか、青森県産の小振りのイカが3ぱい100円で売っていました。最近、市場の物価の変化が目まぐるしく、消費者は惑わされています。
a0079259_21324399.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2008-07-18 21:18 | 料理