散歩道から
by sanpomichikara
カテゴリ
全体
レッスン
料理
下野農園
風景・出来事
花・果実
ペット
観劇・美術・音楽
絵手紙
NIKKO is NIPPON
Slovakia Cooking
とちぎ朝日
道の駅しもつけ
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
フォロー中のブログ
フランス美食村
Papa's Diary
きまぐれ日記/Ryoko
ぶんぷり日記
描いていく。
Endless story
+藍色+
K's Sweet Ki...
暮らし
賞味期限過ぎてます
うさぎのつぶやき
とちぎ園芸 スタッフブログ
僕生活
Couleur
眺めのいい部屋@かまくら
飛んでも五分歩いても五分
珈琲はいかが
Gardenうさぎ
Quercus クエルクス
Macと音楽と木工と ....
りえ's Cheerfu...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧
白鳥の飛来
a0079259_20494523.jpg
大田原市にある羽田沼(はんだぬま)です。
この季節毎年白鳥が越冬に訪れます。
この日はまだ数羽の姿しかみられませんでしたがたくさんの鴨に囲まれた白鳥の姿は優雅で美しいですね。
しかしこの沼はミヤコタナゴ生息地保護区に指定されているため、水質管理のために今年から鴨や白鳥に餌を上げてはいけない決まりになったそうです。
餌やりを楽しみに訪れた子供たちはちょっと残念そうでした。
a0079259_20495925.jpg

庭でボール遊びをするジャン。
投げられたボールを拾い全速力で走って来るところです。
散歩をする時も当然リードに繋がれていますからこうしてノーリードで走る時とても嬉しそうです。
a0079259_20501386.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2008-11-30 20:59 | 風景・出来事
リンゴのクランブル
a0079259_227448.jpg
今リンゴが旬です。
生でしゃきしゃき食べるのが一番美味しいリンゴですが、時にこんなおしゃれをしてみてはいかがですか。

-レシピ-
・リンゴはくし型に切りバターでソテーし砂糖をふりかけキャラメリゼします。
・生地は小麦粉(50g)アーモンドパウダー(30g)バター(50g)砂糖(50g)を指先で大豆大のそぼろ状にします。
(crumbleとは「ボロボロ崩れる」「そぼろ状にする」、と言う意味だそうです)
・ソテーしたリンゴに乗せてオーブンで焼きます。

[PR]
by sanpomichikara | 2008-11-27 22:34 | 料理
鍋三昧
a0079259_20131953.jpg
寒くなって鍋は週に二度は頂いています。
また鍋・・・などと言わせないように具に変化を持たせます。

ex.1 (名づけて)ちゃんちゃん鍋(鮭・キャベツ・豆腐の味噌仕立て)
ex,2.(  〃  )きこり鍋(しいたけ・シメジ・ナメコ・エリンギ・豆腐・塩味)
ex,3.(  〃  )メタボ鍋(タラ・白菜・豆腐・こんにゃく・ポン酢)
ex,4.(  〃  )根菜鍋(大根・ニンジン・ゴボウ・レンコン・油揚げ・しょうゆ味)
ex,5.(  〃  )肉うどん鍋(豚しゃぶ用肉・野菜・うどん・しらたき・しょう油味)
ex,6.(  〃  )チョンガー鍋(インスタントラーメン・キャベツ・モヤシ・ニラ)
ex,7.(  〃  )ピンク鍋(豆乳・豆腐・コチュジャン)
                                  etc・・・

薬味に、柚子やショウガや柚子胡椒や一味・ニンニク・コショー・練がらしなど変化を持たせると意外と飽きずにいただけるものです。
そして最近のヒットはこのニンジンと大根です。
ピーラー(皮引き)で大根・ニンジンを縦にスーッと引きます。
さっと湯に通すとしゃきしゃき・するするとうどんのような感覚でいただけます。
二人で大根半分くらいいけちゃいます。
冬野菜が美味しい季節です。
野菜たっぷりヘルシーで温かで経済的な鍋物語でした。

a0079259_20463647.jpg
今年もいただきました。
樽買いをしている方からお裾分けです。
ヌーヴォーのうちに召し上がって、と言われています。
週末のお楽しみです。
つまみは何にしましょうか。

[PR]
by sanpomichikara | 2008-11-25 20:38 | 料理
リース
a0079259_219159.jpg
ヘクソカヅラ(屁屎葛)なんて誰が付けたのでしょう、なんとも気の毒な名前ですが夏には愛らしい小さな花を付けそして秋にはこんなきれいな琥珀色の実を付けます。
これは園芸家のOさんが山を歩いて採取してきたというヘクソカヅラの実とアオツヅラフジの実で制作したリースです。
我が家の庭の真っ赤に色づいたクリスマスホーリーの枝を教材にと差し上げたのですがお礼にとこのリースをいただきました。
                   
                 ↓花です。
a0079259_21194798.jpg



-つぶやき-
今日は二十四節気の‘小雪’。そして‘イイ夫婦の日’とか。ま、ふうふはともかく小雪を迎え本格的な冬を迎えたような気がします。各地から雪の情報が聞こえてきます。そしてRはこんな所に行っています。最近は札幌から成田経由で行ってしまうので見送りさえしていません。電話も一度もなく、コロラドでフィッシングとスキーのガイドをしているjimiさんがブログに更新してくれるのを楽しみにしています。

[PR]
by sanpomichikara | 2008-11-22 20:53 | 花・果実
オニオングラタンスープ
a0079259_2154713.jpg
a0079259_2155914.jpg日が暮れるととたんに気温が下がります。いよいよ冬の到来ですね。
冷え込んだ夜にはこんな熱々なスープが温まります。







-つぶやき-
今宵知人の通夜に出かけました。享年57歳。あまりにも早すぎるお別れでした。ご趣味のバンドのお仲間がたくさん参列されていました。療養中に何回か病院のホスピスでバンド仲間が集まり全快を祈る演奏をしたと聞いています。温かい音楽に送られて旅立ったことでしょう。ご冥福をお祈りしています。合掌。

[PR]
by sanpomichikara | 2008-11-21 21:16 | 料理
ビーフシチュー
a0079259_20194968.jpg
お若い人が集う時はこんなボリュームのあるメニューが喜ばれます。
久しぶりにビーフシチューを仕込みました。a0079259_20243215.jpga0079259_2025169.jpg

牛肉はすね肉、一晩香味野菜(タマネギ・セロリ・ニンジン・ニンニク・パセリ)と赤ワインに漬け込みます。
赤ワインの風味とそして肉も柔らかくなります。
肉を取り出し小麦粉をまぶしてこんがり焼き鍋に移します。
香味野菜もよく炒めます。
漬け込んだ赤ワインと水を加えて柔らかくなるまで煮ます。
(エコな煮込みの方法*沸騰したら火を止め人肌になるまで放置します。再び沸騰させ火を止め放置。それを3回ほど繰り返すとすね肉も十分柔らかくなります。)
一緒に煮込んだ香味野菜はミキサーにかけ鍋に戻します。
ブラウンソースは小麦粉を丁寧に時間を掛けてキツネ色になるまで炒めます。
そこが味の決め手です。
そしてカラメルソース。プリンの時のカラメルソースよりももっとビターなソースにします。
ブラウンソースとトマトピューレとカラメルソースを加えさらに煮込みます。 
(煮込み料理の不思議*仕上がってから一晩置くと味が馴染んで美味しさを増します。)
じっくり煮込んだシチューは温かで優しく心も体も暖めてくれます。


-つぶやき-
急にやってきた寒波。各地から雪の便りが聞こえます。朝の天気予報で雪だるまマークが現れるとうきうきしてくる人もいます。今朝の散歩道では男体山と女峰山の冠雪が見られました。塩原のハンターMtスキー場では月末のオープンに向けせっせと雪を作っているそうです。月末のオープンまで雪がもちますように。さて今日解禁になったボージョレヌーボー。今年はどんなお味か楽しみです。



 
[PR]
by sanpomichikara | 2008-11-20 21:07 | 料理
和菓子
a0079259_21291669.jpg
寒氷の紅葉とすはまの松葉と銀杏の葉、秋を彩る優しい和菓子です。
日光の(旧・今市市)和菓子屋「久保田屋」さんのお作です。
まだお若い息子さんが外での修行を終え家業に戻っていらしたそうです。
他に葛餅や大福や練りきりや落雁などありましたが、どれも丁寧に作られています。
絵を描くように季節が表現されていました。
美味しい和菓子屋さんに出会って嬉しくなりました。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-11-19 21:50 | NIKKO is NIPPON
雑煮シリーズ-讃岐-
a0079259_16255476.jpg
a0079259_16265174.jpga0079259_16271753.jpg
全国津々浦々ご当地の雑煮を調べてみると、所変われば味変わり、素材も変わって各地方の持ち味を知ることができます。
日本てつくづく海の幸・山の幸に恵まれた風土なのですね。
雑煮シリーズ・第一弾は香川県讃岐地方の雑煮です。
香川ご出身の友人のお宅で初めて頂いてからすっかり味の虜になりました。
餅は丸餅、中に粒餡が入っています。一見大福のように見えますが餅の皮でしっかり包んであります。
お汁は鰹と煮干の出汁で白味噌仕立てです。
具は薄切りの大根と京ニンジン、仕上げに青さのりを散らします。
関東地方ではあまり馴染みのない白味噌ですが、白味噌の風味と餅と餡があいまってなんとも言えない上品なお味に仕上がります。時々思い出され、今回も友人におねだりしてしまいました。
K子さん、ごちそうさまでした。

私の知っている限りですがこれから時々雑煮シリーズが登場します。
このサイトをご覧の方でご紹介していただける雑煮がありましたらコメント欄に書いていただけると嬉しいです。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-11-17 20:54 | 料理
秋の実り
a0079259_22465357.jpg
実りの秋です。
終わろうとしている一年にご褒美かのように野菜も果物も目いっぱいの美味しさを届けてくれています。
大根と柿とリンゴと梨とおまけはセロリです。
サラダと言いますか漬物と言いますか、塩だけで素材の味を引き出しています。

-レシピ-
・大根は縦四つ割にしてなた切り、柿はくし型に切りポリ袋に入れて塩をまぶし冷蔵庫で一晩置きます。
・水が上がってしんなりしたら薄切りのリンゴと梨を加えます。あればセロリの柔らかい部分も一緒に加えます。
・全体に塩が回ってすこししんなりしたら出来上がり。
・冷蔵庫で2~3日はいただけます。



-つぶやき-
秋も深まり里山でも紅葉が始まりました。我が家の早朝の散歩はいまだに続いています。起きる時少しばかり葛藤がありますが尻をたたきつつ布団を剥ぎます。6時少し過ぎには家を出発しますが、ここ1週間くらいで帽子と手袋とマスクは欠かせなくなりました。我が家から歩き出してしばらくすると田園風景が広がります。うっすらと霜が降りた田んぼや畑に朝日が差し、朝露がキラキラ光る風景に心が洗われます。道端で見るオレンジ色のカラスウリや真っ赤なノイバラの実やそんなものが私の心のエネルゲンです。
今年の私の流行語‘Yes we can’

[PR]
by sanpomichikara | 2008-11-14 23:07 | 料理
チーズ&黒粒こしょう入りスコーン
a0079259_2224466.jpg
a0079259_22102058.jpgパンの代わりになるお食事スコーンです。
生地には全粒粉も入っています。砂糖はほんの少々。
生地を混ぜながらダイスに切ったチーズと黒粒こしょうを加えます。
頂く時にさっと温めるとチーズ風味の美味しいさくさくスコーンになります。
お友達のお宅に手持ちにするため少し多めに焼きました。
朝食にジャムとヨーグルトと一緒に召し上がれ。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-11-12 22:08 | 料理