「ほっ」と。キャンペーン

散歩道から
by sanpomichikara
<   2008年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧
よいお年を
a0079259_21412654.jpg
「まめまめしく過ごせるように」また「しわが寄るまで長生きを」と黒豆はおせち料理に欠かせません。

今年も残すところ一日となりました。

あまり明るくないニュースが飛び交う年末でした。

価格に敏感に、原産地に厳しく、エコを率先し、そしてメタボ対策などと、ある意味普段の生活の眼も鋭く賢くなったような気がします。

先の見えないなかなか厳しい経済状態ではありますが偽装や隠蔽や言い訳などせず、せめて正直に、そして勇まず臆せず日々を時間を大切に過ごしたいと思っています。

今年一年ブログを通しお付き合い頂きました事に感謝しつつ、来る年が良い年となりますようお祈り申し上げ、今年のしめとさせていただきます。

[PR]
by sanpomichikara | 2008-12-30 21:54 | 風景・出来事
はりはり漬け
a0079259_1938477.jpg
a0079259_19382749.jpga0079259_19384523.jpg
大根を1.5cmの角切りにします(左)。一週間ほど干すと嵩が1/3位になります(右)。
干した大根は水で洗い熱湯をくぐしよく水気を切ります。
合わせ酢はだし・酢・みりん・しょう油・砂糖がほぼ同量です。(酢と砂糖はお好みで調整してください。)切り昆布とタカノツメを輪切りにしたものと一緒に漬け込みます。3日ほど経つと大根に味が馴染みます。おせち料理と言うわけではないのですが暮れにいつのまにか必ず作るようになりました。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-12-28 19:44 | 料理
雪景色
a0079259_20571032.jpg
強い冬型の気圧配置となった27日、全国的にこの冬一番の冷え込みとなりました。雪不足を懸念していた各地のスキー場もホッと胸をなでおろしたことでしょう。
写真は26日から降り続いた雪で真白になった那須街道です。
景気低迷の不安を抱えながら一年が終わろうとしていますが、ともあれ一年のすすを払い新たな気持ちで新年を迎えたいものです。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-12-27 20:58 | 風景・出来事
パンプキンプディング
a0079259_10442138.jpg
私が自信を持ってお勧めするパンプキンプディングのレシピです。

-レシピ-
全卵・・・3個
卵黄・・・2個
牛乳・・・200cc
生クリーム・・・150cc
パンプキンペースト・・・250g
砂糖・・・75g
バニラエッセンス・・・少々
ブランデー・・・少々

カラメルソース
(砂糖100gに水大匙2杯、色づいたら火からおろし水大3を加えます)

焼き時間は容器によって変わりますので様子を見ながら調整してください。
陶器のココットだと50分~60分くらい、アルミのプリン型だと40分くらいでしょうか。
甘くいて美味しいカボチャであることがまずは大切です。
是非お試しください♪


a0079259_10562993.jpg

こんないたずらをされても大好きなトモ姉さん。
今日はかあさんとトモ姉さんはお泊り忘年会でお出掛けらしい。
雪道気をつけてね。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-12-26 10:55 | 料理
ローストチキン
a0079259_23134185.jpg
今年のローストチキンです。
今年は丸ごとのチキンではなくもも肉のタンドリーチキンです。
ヨーグルト・カレー粉・ターメリック・パプリカ・ショウガ・ニンニク・ケチャップ・・・などいろいろな調味料の入った漬けたれに一晩漬け込みます。ダッチオーブンで焼くこと約40分、最後の10分は下火をはずし上火を強くして焼きます。
a0079259_2314040.jpg
今年もサンタクロースさんはローストチキンとプレゼントを持って北の街へとそりを走らせるのでした。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-12-24 23:22 | 料理
クッキー
a0079259_19264889.jpg
クリスマス近くなると作りたくなるクッキーです。
この季節だけ登場するツリーや小鳥やお星様の抜き型です。
アイシングで絵を描いて箱に詰めおみやげにしました。
焼く前に楊枝で穴を開ければツリーのオーナメントにもなります。
a0079259_19271226.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2008-12-20 19:48 | 料理
柚子巻き大根
a0079259_21391183.jpg
a0079259_21393594.jpga0079259_21395538.jpg
厚さ2㎜にスライスして丸一日天日で干します。水で洗い千切りの柚子を巻き木綿糸に通してのれんのように下げて干します。a0079259_21402179.jpga0079259_21403817.jpg
丸二日ほど干すと嵩が減りしんなりします。糸からはずし合わせ酢[酢大5・砂糖大2・塩小1/2・柚子の絞り汁]に漬け込みます。甘さはお好みで調整してください。冷蔵庫で保存し二日程してからいただきます。
クリスマスが終わった頃に作るとお正月にいただけます。箸休めにおつまみにとさっぱり美味しい酢の物です。
大根1本に柚子6個を使い、約160個出来ました。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-12-18 21:53 | 料理
柚子の大根巻きののれん
a0079259_2042461.jpg
柚子の大根巻きのまだ準備段階です。
大根を薄くスライスし一日干して千切りの柚子をくるくる巻き、木綿糸に刺してのれんのようにしてまた二日ほど干します。
これは木綿糸に刺し廊下に干したばかりです。
廊下で干している姿が光を浴びてなかなかいい感じだったのでパチリと。
出来上がりの様子はまた後ほどに。
柚子と大根の料理が続きます。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-12-17 20:50 | 料理
幽庵焼き
a0079259_20363332.jpg
a0079259_20403546.jpg先日の柚子種しょう油に漬け込んだブリの幽庵焼きです。
ペクチンの作用でとろっとしたしょう油は切り身によく絡まります。
一晩漬け込み水気を拭いて薄く油を引いたフライパンで焼き、最後に漬けしょう油の残りとみりんを加え照りを出します。
そしてこちらは煎り大豆の炊き込みご飯です。
生の大豆をフライパンで煎り、粉末の昆布だし少々・塩少々・しょう油少々を加え炊き込みます。
香ばしい大豆の香りがふわっとおいしい炊き込みご飯です。
a0079259_20452117.jpg


-幽庵焼きとは- 
幽庵焼き(ゆうあんやき)は、和食の焼き物のひとつ。柚庵焼き、祐庵焼きともいう。江戸時代の茶人で、食通でもあった北村祐庵(堅田幽庵)が創案したとされる。アマダイ、マナガツオ、イナダ、サワラ、カマスなどの魚の切り身や鶏肉などを、 醤油、酒、味醂、ユズの輪切りでつくった漬けダレである「ゆうあん地」に数日間漬けこみ、汁気を切った後に焼き上げたもの。ユズの香りが清々しい焼き料理である。熱いまま、または冷まし常温で供する。

                        -Wikipedia-から

[PR]
by sanpomichikara | 2008-12-16 20:50 | 料理
柚子しょう油
a0079259_20242595.jpg
a0079259_20244513.jpg
a0079259_2025072.jpg

柚子には思いも寄らぬほどたくさんの種が入っています。
多いものには一個に30個近く入っていることがあります。
その種ですが、蒸留水につけて化粧水を作ったり焼酎に漬けてお酒にしたりと使い道は様々なようです。
友人から教えて頂いたこの柚子しょう油、しょう油を注いで翌日には種に含まれるペクチンの作用でとろみがつきます。
旨味を増した柚子風味のしょう油に変身です。
また種を袋に入れてお風呂に入れると柚子湯ならぬ柚子種風呂になります。
黄色い柚子がぷかぷか浮かぶ風情はありませんが香りはそれ以上です。
柚子のジャムやシロップを作る時、種も捨てずにこんな風に応用してみてください。
[PR]
by sanpomichikara | 2008-12-12 20:39 | 料理