「ほっ」と。キャンペーン

散歩道から
by sanpomichikara
<   2009年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧
焼きたけのこ
a0079259_2022166.jpgたけのこ料理が続きます。
お陰様で毎日のようにたけのこを頂いています。
今日はたけのこの網焼きです。
付け合せは山椒の葉のさっと煮です。

a0079259_2022680.jpg湯がいたたけのこを薄く切り、餅焼き網で焼きます。
a0079259_2023137.jpg火が通ったらしょう油をくぐらせ網に戻し、焦げ目を付けます。
a0079259_202366.jpg
私の料理の基本はやはり・・・
「つまみ」と言うことを実感しています^^;




-つぶやき-
もうすでにGWに突入している方も少なくないと思います。我が家の連休は暦通りなので、今日の休日はおまけみたいな物です。そんな夕方、昨年秋にオープンした「ベルさくらの湯」に行って来ました。日本でこの日帰り温泉ブームはいつ頃から定着したのでしょう。各地で“温泉”が人気を得ています。このさくらの湯には今まで何度か行きましたが、今日はさほど混雑もなく、何種類もの温泉をじっくりと楽しんできました。

[PR]
by sanpomichikara | 2009-04-29 20:28 | 料理
出汁巻き卵
a0079259_20194119.jpgバターで焼いたオムレツよりもお出汁の入った厚焼き玉子が好きです。
a0079259_2020492.jpg大根おろしをたっぷり添えておしょう油をたらりとかけて頂きます。
お弁当作りがない今は夜に焼きたての熱々を頂きます。
a0079259_20202389.jpgそしてもう一品はたけのこ・細切り新昆布・春菊の入った湯豆腐です。

ここしばらく昼間は暖かくても夜の空気は冷たく、散歩の時もウインドブレーカーは離せません。
そんな晩に湯豆腐は温まります。

a0079259_20204083.jpgポン酢でさっぱりと頂きます。

春菊はまだ茎が細く柔らかで、切り昆布はしこしこと歯ざわりもよく香りも春でした。

a0079259_2021086.jpgで、昨夜のクイズの答えはこちらです。
a0079259_20211686.jpgその名も「まぜ卵」。
マドラーのようにくるくる混ぜると白身が切れて黄身ときれいに混ざります。





他愛のないクイズで失礼いたしましたm(__)m

[PR]
by sanpomichikara | 2009-04-28 20:31 | 料理
おもてなし
a0079259_2172035.jpg
a0079259_2183834.jpg
a0079259_219820.jpg
先日お見えになったFご夫妻にテーブルの下からいいお顔でウエルカムのジャン。
撮影はFパパさんです。「ダッフィーさん、ハンサムに撮ってくれてありがとう」-ジャン-




-つぶやき-
上の写真とは関係ありませんが、クイズを一席。
↓ これは何でしょうか?    (お友達から頂きました)

ヒント:キッチンで使う物です。
    なくても不自由ではありませんがあると便利です。
a0079259_21143213.jpg
a0079259_21144951.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2009-04-27 21:20 | ペット
鯉のぼり
a0079259_1226579.jpg知人のお宅の鯉のぼりです。
田舎ではこんな風景がまだたくさん見られます。
a0079259_12273780.jpg一番小さい鯉には TARO とサインがあります。
そうです、岡本太郎さんのデザインの鯉ぼのりです。
斬新なデザインが眼を引きます。
a0079259_12281544.jpg切手収集家ではありませんが郵便局に行くと記念切手を買ってしまいます。

こちら懐かしい漫画がいっぱいです。
a0079259_12284137.jpg切手はデザインに関係なく同じ値段です。
当たり前ですが。
だったら選んで買いたいですね。
a0079259_1242936.jpg今日のたけのこ料理

「たけのことニシンの焚き合わせ」

[PR]
by sanpomichikara | 2009-04-26 12:40 | 風景・出来事
春巻
a0079259_17511658.jpgタケノコの季節ならではのタケノコいっぱい春巻です
a0079259_17514636.jpgタケノコは下のほうの太い部分をかつら剥きにして何枚かを重ねて細切りにすると形が揃った美しい細切りになります。
青椒肉絲の時もこの切り方がお勧めです。

a0079259_1752494.jpg先の部分や中の節の部分は煮物やたけのこご飯にしたりと、部位によって使い分けるといいようです。
a0079259_17522241.jpg今日の具はタケノコ・春雨・キャベツ・ネギ・シイタケとカニ缶です。
a0079259_17524934.jpg具を炒めたら片栗粉でとろみをつけまとめます。
具を包むとき、少な過ぎず多過ぎずがポイントです。
a0079259_175388.jpg揚げる油の温度は中温です。
こんがり色づくまでゆっくりじっくり揚げます。

[PR]
by sanpomichikara | 2009-04-24 18:05 | 料理
春餅
a0079259_18441366.jpg中国では立春に春餅(ちゅんぴん)を食べる習慣があると聞きます。
いろいろな具を用意して皆で食卓を囲み春の訪れを喜ぶのでしょう。
日本の手巻き寿司のような雰囲気ですね。
レタスとトマトのスープも春らしい彩りです。

a0079259_18444356.jpg今日の具は細切り豚肉の甜麺醤炒め・鶏ささ身の酒蒸し・ニラ・セロリ・貝割れ大根・もやしです。
春餅はホットプレートで焼きました。
a0079259_1845248.jpg小麦粉と水だけの春餅の皮ですが、その素朴な味が甜麺醤とあいまってどこか懐かしい味がします。

メキシコのタコス(とうもろこしの粉)、ベトナムの生春巻(米の粉)、フランスのクレープ(小麦粉)、粉の原料は違えど、薄く焼いた皮に具を包んで食べる方法は共通ですね。

a0079259_18451936.jpgこちらはタケノコとセロリと卵のオイスターソース炒めです。

タケノコは中華でも大活躍です。
しばらくタケノコ料理が続きます。

[PR]
by sanpomichikara | 2009-04-22 18:58 | レッスン
そばがき
a0079259_21242180.jpg時々無性に蕎麦が食べたくなります。冷蔵庫の奥に蕎麦粉があったはず、そうだ、そばがきにしよう!と言うことで早速に。

そばがきも作り方はいろいろあります。
①熱湯で粉っぽさがなくなるまで箸で捏ねるそばがき。
②鍋に水と粉を入れ腰が出るまで捏ねるそばがき。

a0079259_21244742.jpg③熱湯で捏ねた後お湯で茹で引き上げるそばがき。
④その他

今日はその③の茹でて引き上げたそばがきです。

薬味はネギ・七味・木の芽です。
お供は焼酎のお湯割り、最近芋LOVEです。
a0079259_2125641.jpgつまみもう一品はおろしなめこ。
地元の野菜直売所で求めたなめことからみ大根です。
色の濃いなめこでしたが香りも歯ざわりも抜群でした。

[PR]
by sanpomichikara | 2009-04-18 21:37 | 料理
アスパラガスとポーチドエッグ
a0079259_202018.jpgアスパラガスのポーチドエッグ乗せです。
アスパラガスは日本ではしゃきしゃき感が喜ばれますが、欧米ではしっかり煮込んで柔らかくしたものが好まれるようです。

a0079259_20202564.jpgアスパラガスは根本の硬い部分の皮を引き半分に切って固形スープの素と塩を少々加え10分ほど煮ます。

柔らかくなっていますから崩れないように皿にそっとよそります。
ポーチドエッグを上に乗せオリーブ油を回しかけ塩と黒コショーを引きます。

a0079259_20204258.jpgフォークでつぶして卵を混ぜながら頂きます。

トーストと一緒に休日のブランチにいかがでしょうか。
a0079259_20205927.jpgポーチドエッグの作り方です。

お湯が沸騰したら火を弱め、酢かレモン汁を加えます。
こうすると白身が散れません。
a0079259_20211882.jpg卵はお玉に割りそっと湯の中に流しいれます。
この時は卵に触れず白身が固まるまで待ちます。
a0079259_20213577.jpg全体に白くなってきたら木ベラで裏返します。
くれぐれもお湯をぐらぐら煮立てないように注意してください。
半熟が美味しいので表面の白身が固まったら玉じゃくしですくい、ペーパータオルに乗せ水気を切ります。

ポーチドエッグの代わりに温泉卵でもいいですね。
a0079259_20221279.jpgでもやっぱりアスパラガスは“歯ざわりが命”とおっしゃるあなたはさっと茹でてこんなふうに召し上がれ!




-つぶやき-
今日は3月下旬の気候とか。朝から一日ストーブの復活です。冬物を片付けると決まってこんな寒い日がやってきます。お友達からお借りした、湊かなえ著「告白」を読みました。読み終えてからなんとなく後味の悪い思いが残っていて機嫌の悪い夜を過ごしています。こんなふうに、形はともあれ人の心に残る小説だからこそ“本屋大賞”を受賞するのでしょうか。お口直しの本が欲しいです。明日は晴れますように。
a0079259_21423811.jpg

[PR]
by sanpomichikara | 2009-04-17 21:19 | 料理
木の芽味噌
a0079259_18523859.jpg連日の暖かさに加え一昨日の雨で木々の芽吹きもいっそう盛んになりました。
a0079259_18551546.jpg庭の山椒もせっかく出てきのに食べ頃になると間髪をいれず摘まれてしまいます。
柔らかい葉の木の芽味噌は優しい香りです。

すり鉢であたり味噌を加えます。
a0079259_18595611.jpgお好みで砂糖やみりんを加えてもいいのですが、今回は手作り田舎味噌の味をいかしてあえて味噌だけで仕上げます。
a0079259_1912891.jpg簡単味噌田楽です。
厚揚げを適当な厚さに切り木の芽味噌を塗ってオーブントースターであぶります。
豆腐の水切りをする時間のないときに便利です。
豆腐とはまたちょっと違った味わいが楽しめます。




ーつぶやき-
ただ今の時刻、16日19:40。バケツの水をひっくり返したようなってよく言いますが、バケツじゃなくてたらいの水をひっくり返したような雨が今降っています。穀雨と言うにはまだ少し早い気がしますが、この雨も作物の大切な糧になるのでしょう。遠くで雷も鳴っています。春雷です。五穀豊穣、作物の豊穣はすべての健康に通じるのです。

[PR]
by sanpomichikara | 2009-04-16 19:07 | 料理
ボール遊び
a0079259_2053926.jpg冬物の整理を予定していた日曜日だったが、あまりの天気の良さに洗濯物を干した後、気になっていた庭の草むしりを始めてしまった。
a0079259_2093350.jpgジャンも外に出た。
私が草むしりをしている傍らをあっちこっちをうろうろ。
a0079259_2095815.jpg芝生の中に咲いている花ニラの匂いをかいだり私が抜いた草の匂いをかいだり。
そのうち自分のボールを私の足元に持ってきてボール遊びの催促。
a0079259_201162.jpgわかったわかった、遊びましょ。
私がボールを投げると全速力で拾いに行き私の元へ戻ってくる。
そしてボールを私の足元で口から離して、また投げてと言う。
それの繰り返し。
a0079259_20104343.jpg何回続けることか。
なかなか飽きないボール遊び。
時々水を飲みに水道の元へ行き私の顔を見る。
蛇口をひねると口飲みでゴクゴクと。
a0079259_20161145.jpg疲れた足は少し高くして寝るとだるさが取れるよ。
いっぱい遊んで満足なジャンでした。





私の冬物の片付けは午後から。
夕方までかかってしまいました。

[PR]
by sanpomichikara | 2009-04-14 20:35 | ペット