散歩道から
by sanpomichikara
カテゴリ
全体
レッスン
料理
下野農園
風景・出来事
花・果実
ペット
観劇・美術・音楽
絵手紙
NIKKO is NIPPON
Slovakia Cooking
とちぎ朝日
道の駅しもつけ
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
フォロー中のブログ
フランス美食村
Papa's Diary
きまぐれ日記/Ryoko
ぶんぷり日記
描いていく。
Endless story
+藍色+
K's Sweet Ki...
暮らし
賞味期限過ぎてます
うさぎのつぶやき
とちぎ園芸 スタッフブログ
僕生活
Couleur
眺めのいい部屋@かまくら
飛んでも五分歩いても五分
珈琲はいかが
Gardenうさぎ
Quercus クエルクス
Macと音楽と木工と ....
りえ's Cheerfu...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
アリとキリギリス
a0079259_1731570.jpg
夏の太陽をいっぱい浴びた野菜をビンに詰めて保存します。
しその実の塩漬け・しっとり梅干・ミョウガの梅酢漬けキュウリのピクルスナスのオイル漬けドライトマトのオイル漬け
その他、ジェノベーゼソース栗の渋皮煮は冷凍保存しました。

こうしてアリさんは来る冬を安心して迎えるのです。
そうそうキリギリスさんにも分けてあげましょう。
[PR]
by sanpomichikara | 2009-09-26 17:48 | 料理
秋鮭のリエット
a0079259_18341522.jpg北海道から秋鮭が届きました。
北海道では鮭は秋の贈り物と言われているそうです。

大きさも大きすぎずに手ごろだったので三枚に下ろさずに輪切りにしました。生の鮭は塩で〆た鮭に比べ生臭さが気になりますが一晩マリネすることによって食べやすくなります。
a0079259_1835154.jpg☆タマネギ・ニンジン・ニンニク・セロリ・ローズマリー・タイム・パセリ・レモン・塩・オリーブ油で一晩漬け込みます。香りもよく一塩で身もしまります。

まずはムニエル、小麦粉をまぶしてソテーにします。レモンを絞りタルタルソースをたっぷりかけて頂きました。次のお楽しみはリエットです。

☆マリネの野菜と一緒に白ワインで蒸し煮にし、皮と骨を取り除きフレークにします。
a0079259_2358066.jpg☆タマネギのみじん切りをバターでソテーします。

☆フードプロセッサーにフレークにした鮭と炒めたタマネギとバター・パセリを加えペーストにします。

☆最後に生クリームを加えて塩・コショーで味を調えます。

☆ココットに詰めて冷蔵庫で冷やします。ここで空気に触れないようにバターの上澄みを流して密閉すると保存効果がアップします。
a0079259_2350392.jpg☆フレークの中にすでにバターがたくさん入っているので、今回バターで蓋をせずココットのまま冷凍保存します。本格的なものはラードを使用するようですがバターで仕上げました。

今、スーパーでも生の鮭の切り身を見かけます。塩焼きやムニエルもいいけれどちょっと手を加えておしゃれに変身させても楽しいですね。バゲットのガーリックトーストに乗せたりサンドイッチの具にしたりと何にでも合います。本来ならば保存食なのですが保存するまでもなく消費されます。

参考までに。
「テリーヌ」はテリーヌ型にバターや豚の背脂を敷き、挽肉やすりつぶしたレバー、魚のすり身、切った野菜、香辛料などを混ぜたものを詰めてオーブンで焼いた料理。
「パテ」は肉やフォアグラ、魚介類をすりつぶし調味したもの。パイ生地に詰めて焼いたりする。
「リエット」は兎、豚、鴨、鶏などをラードで柔らかくなるまで煮てペースト状にした保存食。
です。

調理の方法は微妙に違うようですが、どちらも保存を目的とした料理のようです。
そしてどれをとってもお供はワインかと思われます。



-つぶやき-
日光の親爺様からこんなサイトをご紹介して頂きました。ツボにはまりました。お試し無料です。どうぞ^^

[PR]
by sanpomichikara | 2009-09-24 18:58 | 料理
庭仕事
a0079259_2293336.jpgシルバーウイークって敬老の日があるからシルバー・・・なのではなく。。。(笑)

昨日、両家のお墓参りを済ませ、敬老の日のお祝いのご挨拶も済ませ、さ今日は一日おうち仕事です。

夫は私の手の届かない高い木の担当。
私はバラとアナベルの剪定です。
a0079259_2210690.jpg
梅の木担当の庭師さん、木の股に作られていた鳥の巣を発見しました。
もうすでにヒナも旅立っていたようです。
a0079259_22154235.jpgジャンは庭に出してもらえず縁台でガーデナーをじっと見守る。


a0079259_10323439.jpg「脚立から落ちないように気をつけてね」
a0079259_2216061.jpg「お彼岸に剪定なんて殺生なことやっていいのかしら」
a0079259_22165531.jpg庭には犬のほかに左の耳が接がれたうさぎと
a0079259_22171137.jpg鉢を担いだ象がいます。
a0079259_22181581.jpg玄関脇のバラの剪定をしました。
今は剪定の時期ではないのですが、きれいさっぱりまとめてしまいました。

また来年きれいに咲きますように。

[PR]
by sanpomichikara | 2009-09-22 22:29 | 風景・出来事
栗の渋皮煮
a0079259_1222098.jpg
栗の季節です。
先日頂いた栗は一粒がとても大きくてふっくらしていて甘い栗でした。
早速渋皮煮を作りました。

ちょっと手間はかかるけれど、こうして煮て置くと保存も出来るし、あまり栗のお好きでない方でもお手を出しくださいます。
コーヒーにもお茶にも、そしてブランデーにもとても良く合います。
秋の夜長のお供にいかがでしょうか。
ケシの実でちょっとお化粧しました。

作り方はこちらです。
[PR]
by sanpomichikara | 2009-09-19 12:27 | 料理
秋桜
a0079259_19164470.jpg
秋の花、コスモス。
コスモスはやはり「秋桜」と書きたいですね。

退職お祝いの記念品にとご依頼を頂きました。
リクエストは秋の花をと言うことで迷わず「秋桜」です。
薄紅色をしています。

実は退職される方ご自身からのお名指しなのだそうです。
なんて嬉しいのでしょう。
心を込めて描きました。

明日嫁ぎます。
[PR]
by sanpomichikara | 2009-09-17 19:20 | 花・果実
米の粉
a0079259_18125474.jpg栃木県はお米の生産では全国10位、コシヒカリの生産は新潟県に次いで2位とのことです。
お陰様で美味しいお米を毎日頂いています。

宇都宮市も車で少し走るとこんな田園風景が見られます。
今稲刈りが盛んに行われています。
a0079259_1813489.jpgそしてこちらは今話題の米の粉。
ケーキ・パン用に開発されたそうです。

ちなみに“マロニエ”は栃木県の県木“トチノキ”の仏語です。
県庁前の通りの街路樹はこのマロニエの木が続きます。
a0079259_1849462.jpg試食してみてくださいと頂いたので早速シフォンケーキを作ってみました。

Kさま、ありがとうございました。明日お届けにあがります。

粉の感触は薄力粉に比べてさらさらしていて、ふるいを通すとさらっと落ちていきます。分量は小麦粉とスイッチしただけ、卵と混ぜてもすんなり混ざります。
a0079259_1850373.jpg
そして焼き上がりは。
小麦粉と比べると少しだけふくらみが大きいような気がします。

シフォンケーキは焼きあがると逆さまにして冷ましますが、冷めた時の沈みが大きいです。冷めて型からはずす時にパレットナイフでぐるっとはがしますが、そのときの感触はアルミの型とのくっつき方がゆるいような感じでした。
a0079259_1851296.jpg
お味は。
きめが細かくしっとりしています。
甘さはお米の甘さが加算されているのでしょうか、甘味が強いです。小麦粉の時よりも砂糖を少し控えてもいいようです。
シフォンケーキなのにまるでスポンジケーキのよう。今流行のロールケーキのような食感です。
a0079259_18515333.jpgケーキやパンの好みは人それぞれなのでなんとも言えませんが、一度お試しになってみてください。しっとり系のシフォンケーキがお好みの方にはお勧めです。
米の利用法と言う点では話題性は高いと思います。

今回頂き物なのでお値段がわかりませんが、今度自分で求めてみます。今度はスポンジケーキを焼いてみましょう。

[PR]
by sanpomichikara | 2009-09-15 19:11 | 料理
小さい秋
a0079259_7264826.jpg程よいお湿りでした。
雨上がりの庭に薄日が差しています。
春には一雨ごとの暖かさといいますが、今の季節も一雨ごとに深まっていきます。
a0079259_7271727.jpgレモンも日ごと大きくなっています。
レモン色になって収穫するのが楽しみです。
a0079259_7273338.jpgこちらはカラタチ、柑橘類の中では一番最初に色づきます。
甘い香りが漂います。

a0079259_7274951.jpg今年は豊作です、柚子です。
生り物は一年おき、と言いますが柚子は本当に一年おきにやってきます。
もうさっそく青柚子で頂いています。
サンマの塩焼きにパラパラすりおろします。

a0079259_7281033.jpgスモークツリーの葉っぱです。
真っ赤になって昨日の雨で落ちました。
この木の葉は春の新芽は銅色、夏には緑、そして散る時また真っ赤に色づきます。
葉も花も楽しませてくれます。
a0079259_7555050.jpg昨日お友達から頂きました。
ただ今、渋皮煮の仕込み中です。
[PR]
by sanpomichikara | 2009-09-13 07:40 | 花・果実
9月のレッスン<アフタヌーンティー>
a0079259_17241994.jpg
アフタヌーンティーと言えば、サンドイッチ・スコーン・スイーツの三種の盛り合わせです。
サンドイッチには欠かせないキュウリ、そして卵・スモークサーモン・ハムの4種類。
スコーンはレッドチェダーチーズ&ブラックペッパーとレーズンの2種類。
今日はクロテッドクリームでなく水切りヨーグルトとブルーベリージャムを添えました。
シュークリームはカスタードクリーム&生クリーム・エクレア・栗のペーストをトッピングしたモンブラン風の3種類です。
プレートには小さなアレンジをあしらいました。

シュークリームって最初に誰が作ったのかしらん。
焼きあがるとクリームを詰めてと言わんばかりの空洞ができる、なんて素敵なお菓子でしょう。
a0079259_17215457.gif
a0079259_17221189.gif
a0079259_180585.jpg
陽だまりのティーパーティーに会話も弾みます。
皆さまお疲れ様でした♪a0079259_21163291.jpg
a0079259_17281528.gif

[PR]
by sanpomichikara | 2009-09-10 17:53 | 料理
モダンチャイニーズ
a0079259_1723110.jpg花ニラの美味しい季節です。
イカと一緒に炒めました。
お味はオイスターソースと魚塩汁・老酒・塩コショウです。"魚塩汁"と書いて"しょっつる"と読むのですね。秋田のお土産に頂きました。チャーハンや野菜炒めなど炒め物の隠し味に使っています。しょう油とはまた違った風味を楽しめます。Vさん、ありがとうございました♪
a0079259_17232265.jpg

こちらは真珠蒸し。
シュウマイのもち米包みです。具は豚ひき肉・貝柱・干ししいたけ・レンコン・ネギ・ショウガです。
ピンクと白が真珠のような輝きです。松の実とクコをあしらいました。
a0079259_17233860.jpg鶏もも肉を切らずに一枚そのままから揚げにします。下味はしょう油とおろしニンニクです。まんべんなく片栗粉をまぶしてカラッとするまでしっかり揚げます。食べやすい大きさに切り、レタスと大葉の千切りをたっぷり敷いて並べます。ネギ入り甘酢しょう油をかけていただきます。
a0079259_17235714.jpgデザートはレアチーズケーキブルーべりジャム添えとシフォンケーキレモン風味です。

[PR]
by sanpomichikara | 2009-09-08 17:45 | 料理
9月のテーブル
a0079259_2026574.jpg
9月に入りとたんに涼しくなりました。
早速のテーブルです。
9月はお月見の月であったり、行楽のシーズンであったり、今回はお弁当をテーマにしました。
お惣菜のようなおつまみのような物ですがお弁当箱に並べると様になってくれます。


a0079259_221521.jpgうずらの卵のベーコン巻き。
チーズのシュウマイの皮包み揚げ。
a0079259_222350.jpg野菜の豚ばら肉巻き。
(ナス・ニンジン・エノキダケ)
大根おろし大葉のせ。
a0079259_2224582.jpg枝豆入り茶巾卵の柚子あんかけ。
a0079259_2232813.jpg手毬にぎり
(しその実混ぜごはんの胡麻まぶし、おかかと実山椒のとろろ昆布巻き、梅ご飯の青海苔まぶし)
らっきょうのたまり漬け。

汁物はナメコと三つ葉。
a0079259_2241566.jpgデザートはわらび餅のきな粉まぶし黒蜜がけ。


「松花堂」の名は、江戸時代初期の石清水八幡宮(京都府八幡市)の社僧であった松花堂昭乗(1584年 - 1639年)に因むものである。昭乗は、農家が種入れとして使っていた器をヒントにこの形の器を作り、絵具箱や煙草盆として使用していた。その入れ物が松花堂弁当に発展したのは、それから数百年たってからである。昭和の始め(昭和8年(1933年)頃とされている)、代々式部卿を務めた貴志宮家の大阪(桜宮)邸内の茶室「松花堂」で茶事が催された折、日本屈指の名料亭である大阪の「吉兆」の創始者である湯木貞一が、貴志家の当主、貴志奈良二郎(二代貴志泉松庵)よりこの器で茶懐石の弁当をつくるようにと命じられ、後にその事が話題となり、松花堂弁当の名が広まった。(Wikiより)
[PR]
by sanpomichikara | 2009-09-02 20:46 | レッスン