「ほっ」と。キャンペーン

散歩道から
by sanpomichikara
<   2010年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
一週間のご無沙汰です
a0079259_223427.jpg
少しの間、ご無沙汰いたしました。
いつになく慌しく過ごした一週間でした。
私自身は相も変わらず元気でおります。

写真は毛糸で編んだモチーフをつないだものです。
無地のセーターの首にくるっと巻いたりぶらっと下げたりとけっこう重宝物です。
一昨年の秋に亡くなった義父の病院の付き添いをしながら編んだモチーフ、やっと形になりました。
a0079259_2235350.jpg
ジャンはそんな忙しいさなかの27日、6歳の誕生日を迎えました。
横顔もイケメンでしょ♪
[PR]
by sanpomichikara | 2010-01-30 22:46 | ペット
冬の朝
a0079259_1762073.jpgそこここで梅の写真を見かけます。
我が家の梅はまだこんな感じです。
a0079259_1763565.jpg眺めているうちに鳥の巣を発見。
すでに飛び立った後のようです。
a0079259_1765064.jpgあなたのために残しておきました。
それにしても大名食いですねぇ。
a0079259_177526.jpgクチナシの実も美味しいようです。
a0079259_1771816.jpg開くその日を待っています。
a0079259_1773485.jpgまだ寒いですよ。
a0079259_1774915.jpg霜に打たれてもなお。
ルッコラ。
a0079259_178368.jpg早咲きのスイセンが咲きました。
落ち葉が毛布だったのね。
a0079259_1782414.jpg一年中咲いてくれてます。
ローズマリー。
a0079259_179466.jpg一年中元気です。
ジャン。

[PR]
by sanpomichikara | 2010-01-24 17:15 | 花・果実
「analog booksの本と、本の家具展」
a0079259_17153289.jpg今、日光で「analog booksの本と、本の家具展」が開かれています。
デザイナーやアーティストがデザインした本のための家具や道具の展覧会です。

早速に行って来ました。詳しくはこちらをご覧下さい。
a0079259_17314986.jpgアナログな本と家具を拝見した後はお向かいにあるカフェ「日光珈琲」に立ち寄りました。
a0079259_17323414.jpg最近、古民家や石蔵を改築したカフェをそこかしこで見かけます。木や石や漆喰や紙やガラスなど、天然の素材に囲まれた空間は、とても居心地の良い空気を奏でてくれるようです。時計を忘れて過ごすひとときは、何かかえがたいものに思えます。
a0079259_17325121.jpgこちらのオムライスはお店の一押しです。







イケメンなオーナーとスタッフがいらっしゃいますよ。


ちなみに
今、日光ではこんなこと始まっています。
[PR]
by sanpomichikara | 2010-01-23 18:02 | NIKKO is NIPPON
1月のテーブル
a0079259_1426591.jpg1月のレッスンはスパニッシュ。
パエリア、ブロッコリーのオムレツ、タラの味噌グラタン、ビーンズサラダです。
a0079259_14325722.jpgパエリアはフライパンで作ります。
φ28cmのフライパンで3合の米が炊けます。パエリア皿がなくてもオーブンを使わなくても、本格的なパエリアが楽しめます。具はエビ・イカ・アサリ・ムール貝・鶏肉・トマト・玉ねぎ・ピーマンです。サフランの黄色も鮮やかに、魚介類のお出しを含んで美味しいピラフとなりました。
仕上げにレモンとパセリをお忘れなく♪

[PR]
by sanpomichikara | 2010-01-21 14:35 | レッスン
石狩鍋風
a0079259_2034239.jpg

今日は`大寒’。でも暦とはうらはらにとても暖かい一日でした。
とは言っても、日が沈むとやはり寒いです。
そして油断は禁物です。明日の晩からまた寒さが戻ってくるそうです。

今晩は酒粕の入った石狩鍋です。鮭は焼いてから入れると生臭みがなくなります。
大根・ニンジン・ゴボウ・ジャガイモ、そしてたっぷりのネギ。白味噌と酒粕で仕上げます。
頂く前にバターをぽとっと落とします。コクが出ます。
酒粕効果でぽかぽか温まります。
[PR]
by sanpomichikara | 2010-01-20 20:39 | 料理
良い食材を伝える会
a0079259_1793843.jpg

「良い食材を伝える会」発行の機関紙の会員のコラムに原稿の依頼を頂きました。良い食材の会の会員は、農や食のエキスパートも多く、さて何について書こうか・・・思いあぐねた結果、今ちまたで話題の「宇都宮の餃子」について書かせて頂きました。

「地域ブランド」
 宇都宮と言えば「餃子」と言われるように、いまやすっかり地域ブランドとして定着した餃子です。平成19年3月に公表された「食」の地域ブランドランキング(日経流通新聞)において、消費者の熱望度ランキング6位、加工食品のブランド実力ランキングで2位にランクされました。では、なぜ宇都宮が餃子なの?という質問にお答えします。まず一つに、戦中戦後と宇都宮が戦都であったこと。陸軍14師団が大戦中、満州へ出兵し本場の餃子の味に接し、戦後引き上げてから、市内でその味を広めるべくお店を開いたのです。当時は餃子専門店がたくさんあったそうです。そしてもう一つは、宇都宮の気候風土。日光連山を北西に控えた関東平野の北偏に位置し、冬寒く夏は暑い大陸性気候のため、餃子の材料である、ニラ、白菜、小麦の生産量が高く、戦後の食糧難の時代でも、食材を調達しやすかったのですね。そして近年、宇都宮市が火付け役で「宇都宮の餃子」で「まちおこし」を図ったのです。次第にマスコミでも話題になり、ブレイクしました。大陸から渡った食品ではありますが、今やラーメンと餃子は日本食として市民権を得ているように思えます。休日ともなると「餃子マップ」を片手に餃子専門店をはしごする若者の姿を多く見かけます。宇都宮は都心から新幹線で1時間、在来線でも2時間弱の距離ですから、日帰りのお出掛けコースにお勧めです。餃子は食事と言うよりもおつまみやおやつの感覚で頂く方が多いようです。安くて美味しくて栄養のバランスの良い優れもの。現在、市内に約80店舗の専門店がありますが、それぞれ工夫を凝らして特色を出しています。宇都宮の観光を兼ねて、味わって頂きたい「宇都宮の餃子」です。
 

ちなみに宇都宮市は「ジャズの街」「カクテルの街」とも言われています。ゆえんは諸説ありますが、どうぞ宇都宮の散歩道をお楽しみ頂けたらと思っています。
[PR]
by sanpomichikara | 2010-01-19 21:53 | 風景・出来事
白馬五竜スキー場
a0079259_23571233.jpg
長野県白馬五竜スキー場です。

全日本学生スキー選手会大会が行われました。
今年は日本海側各地で寒波に見舞われていますが、雪国の雪景色の楽しみと選手権の応援にと昨日行って来ました。

Seasoningを更新しました。
[PR]
by sanpomichikara | 2010-01-17 21:11 | 風景・出来事
ブラウニー
a0079259_18204512.jpgブラウニーはドーナッツ・クッキー・プリンに並ぶおやつの王道ですね。
おやつ上手な姉のレシピで焼きました。
a0079259_18214829.jpg始めて使ったシリコンのオーブンシートです。なかなかの優れ物です。繰り返し使えるのがいいですね。
a0079259_18225075.jpg明日は日光の天然氷の切り出しが行われるそうです。これをおやつにお届けしましょうかこちらは昨年の様子です。
[PR]
by sanpomichikara | 2010-01-14 18:28 | 料理
牛ほほ肉の赤ワイン煮
a0079259_9282599.jpg牛ほほ肉の赤ワイン煮です。ほほ肉は部位はほほであっても分類は内臓に属します。タンもそうですが内臓も料理しだいではヒレやロースに勝るお味が楽しめます。
最後に赤だし味噌を加えて、味噌風味のシチューに仕上げました。
a0079259_929129.jpgほほ肉は国産の物でもかなりお安く売られています。一晩赤ワインと香味野菜に漬け込みます。漬け込んだ野菜も一緒に煮込みます。お肉が柔らかくなったら野菜をミキサーでペーストにして鍋に戻します。小麦粉は使わずに野菜と赤ワインだけでとろみを出すので、さらっとしていてヘルシーに仕上がります。
a0079259_929174.jpg先日宇都宮市内にあるレストラン「OTOWA」に伺いました。オーナーでありシェフの音羽氏は栃木県でも草分け的存在のフレンチシェフです。久しぶりに伺いましたがそのお味は変わらず、数々の料理はすべて満足のものでした。その時のメインが牛ほほ肉ともも肉のシチューでした。お味が舌に残っているうちに再現すべくチャレンジしました。
[PR]
by sanpomichikara | 2010-01-14 09:47 | 料理
肉団子鍋
a0079259_20592846.jpg今日はとても寒い一日でした。
午後になると予報通りの雨。
冷たい雨です。
こんな寒い晩は鍋で温まりましょう。今晩は肉団子の鍋です。
豚モモのひき肉です。野菜もたくさん入っています。
温かいものを頂いて、体の内から温まりましょう。
お風邪などお召しになりませんよう。
[PR]
by sanpomichikara | 2010-01-12 21:04 | 料理