「ほっ」と。キャンペーン

散歩道から
by sanpomichikara
<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
すだち
a0079259_2140485.jpg徳島のすだちを頂きました。
a0079259_21411864.jpg毎年この季節に頂戴します。
すだちにあわせてサンマが登場します。
秋の香りが漂います。


Special thanks to Ms.K.
[PR]
by sanpomichikara | 2011-08-29 21:43 | 花・果実
小さな秋
a0079259_7581615.jpg庭のキャンベルの収穫です。
a0079259_759353.jpg何も手を掛けないのに毎年5~6房成ります。
a0079259_801043.jpgブラックベリーももう終わりです。今年は200個近く、随分たくさん収穫できました。
[PR]
by sanpomichikara | 2011-08-26 08:03 | 花・果実
a0079259_21505336.jpgお隣の福島県から桃が届きました。
福島県産の桃はスーパーでも売られていますが、こちらは農園から直接お取り寄せしました。
a0079259_21512322.jpg風評被害が各地で広まっています。

これからのお米に出ないことを祈るばかりです。
a0079259_21515676.jpg会津に行ってきた方からおみやげに頂いたゆべし。
観光地も人出が少なかったようです。

近頃は何を食べても生産者のお顔が浮かびます。
[PR]
by sanpomichikara | 2011-08-24 21:58 | 風景・出来事
布巾
a0079259_1459432.jpg奈良のおみやげに晒しで出来た布巾を頂きました。

奈良らしく鳳凰と鹿の柄です。「キッチンの和みになれば幸いです。」とお手紙が添えられていました。早速使わせて頂きます。

Special thanks to Ms.MS ♪
[PR]
by sanpomichikara | 2011-08-19 15:03 | 風景・出来事
大谷石夢あかり2011
a0079259_7543867.jpg宇都宮市大谷は大谷石の産地です。

その大谷観音様の前の広場で「大谷石夢あかり」が行われました。
柔らかい大谷石に灯る蝋燭の炎はしばし夏の暑さを忘れさせてくれました。
a0079259_7553436.jpg
a0079259_756248.jpg
a0079259_8183238.jpg
a0079259_7593982.jpg
a0079259_7572598.jpg
a0079259_7581818.jpg
a0079259_81411.jpg
a0079259_816298.jpg
a0079259_816486.jpgゆらゆら揺れる蝋燭の炎には、言葉にせずとも鎮魂の意が含まれているようなそんな気がしました。
[PR]
by sanpomichikara | 2011-08-15 08:20 | 風景・出来事
タコライス
a0079259_5553346.jpgGadenうさぎのワンコインランチです。

最近話題の“タコライス”です。

メキシコのタコスの具をご飯に乗せたタコライス、具はレタス・キュウリ・トマト・アボカド・コリンキー・チーズ・温玉、そしてサルサソースです。
a0079259_558442.jpgサルサソースは、玉ねぎとピーマンのみじん切りと、フレッシュトマトのざく切りを混ぜたものにレモン汁とオリーブ油を加えます。

冷蔵庫で保存し、サラダのドレッシングや冷しゃぶのタレにと夏味を楽しみます。
[PR]
by sanpomichikara | 2011-08-11 06:04 | 料理
8月のテーブル Ⅰ
a0079259_841982.jpg暑い夏には暑い国の料理が美味しいですね。

今月はエスニック料理で始まりました。
a0079259_861241.jpg夏野菜たっぷりグリーンカレー。



(ご指導は象の家さんから賜りました。)
a0079259_865450.jpg生春巻。

こちらは蒸し鶏と海老とビーフン、青ジソ・サニーレタス・大根・キュウリ・ピーナッツがギュ~ッと入っています。
a0079259_891796.jpgもう一種類はアボカドとマグロ、わさびをピリッと利かせます。
a0079259_8103145.jpg空芯菜のオイル蒸。
炒めずにオイルと一緒に蒸しています。
a0079259_8114914.jpgコリンキーのサラダ。
a0079259_8121722.jpgスパイシーなえびせん。
a0079259_8125221.jpgこれなあんだ?





答:かんぴょうになるユウガオの実のコンポート・ヨーグルト添えです。栃木県ならではの食材。食感がナタデココに似ています。
[PR]
by sanpomichikara | 2011-08-07 08:16 | レッスン
とちぎ朝日「ドライトマト」
a0079259_8343490.jpgはっきりしないお天気が続きます。
一日朝からカラッと晴れた日がしばらくないような気がします。

写真は7月半ばに撮った物です。このトマトも丸一日で仕上がりました。今冷凍庫に保存していますが少しずつ小出しに食べています。
a0079259_8241648.jpg毎月第一金曜日に発行される「とちぎ朝日」に家庭料理としてレシピとコラムと写真を掲載させていただいています。今回掲載の写真は恥ずかしながら私が撮影したものです。コラムもまったくもってお恥ずかしいのですが、その料理にまつわるエピソードを書かせていただいています。














私の母の父、すなわち私の母方の祖父の話です。私の母がまだ小さい頃に母親から聞かされたと言う話しですから大正の初めの頃の事だと思います。その頃はまだ「トマト」は野菜の分類ではなく、単なる観賞用の『赤い実』だったそうです。乱暴な言い方でなんとも恐縮なのですが、その頃トマトは「バカ茄子」とか「赤茄子」と呼ばれていたそうです。大正時代の話とは言えなんとも気の毒になる名前ですね。確かにトマトはナス科ですが、茄子は食べてもその『赤い実』を食する事はなかったそうです。私の祖父は私が10歳の時に亡くなりました。今思えばお酒をこよなく愛した祖父は、胃潰瘍を患っていたようです。息を引き取った祖父に会いに行った私は、祖母が「飲みたがっていたカルピスをたんと飲ませてあげれば良かった」と言った言葉が忘れられず、今でも脳裏に残っています。大きな農家の一人っ子で自由奔放に育った祖父は時に思い切った発想で家族を悩ませていたそうです。これも母から聞いた話ですが、祖母と結婚をしたばかりの頃、ブラジルに移民しようかと言ったそうです。それを聞かされた祖母はそんなバカなことを、それならば私はおいとまさせていただきます、とすかさず答えたそうです。移民にならなかったので今があるかどうか分かりませんが、そんな祖父は周囲の眼も気にせずに「バカ茄子」をうまいうまいと枝からもぎっては食べていたそうです。そしてそれから間もない頃、「トマト」というハイカラな名前で巷に出回ったのです。文献によると現在日本では120種を越える品種のトマトが栽培されているそうですが意外と歴史の浅いトマトです。バカ茄子と言われたその赤い実をもぎ取り口に運んだ勇気ある祖父の行動にある意味誇りを感じます。時に奇想天外な発想を持つ祖父のDNA、受け継いでいるかしらと間々思う私であります。

[PR]
by sanpomichikara | 2011-08-05 08:30 | とちぎ朝日
奥日光
a0079259_21291387.jpg雨上がりの奥日光戦場ヶ原のハイキングです。

ホザキシモツケがピンクの絨毯を奏でていました。
a0079259_21294361.jpg静かに流れる湯川
a0079259_21305544.jpgちっちゃな紫色した蝶々。
a0079259_2231161.jpgデジイチ奥日光デビューの一日、なかな思うようには撮れません。
a0079259_21283562.jpgノアザミ


More
[PR]
by sanpomichikara | 2011-08-01 21:42 | NIKKO is NIPPON