散歩道から
by sanpomichikara
カテゴリ
全体
レッスン
料理
下野農園
風景・出来事
花・果実
ペット
観劇・美術・音楽
絵手紙
NIKKO is NIPPON
Slovakia Cooking
とちぎ朝日
道の駅しもつけ
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
フォロー中のブログ
フランス美食村
Papa's Diary
きまぐれ日記/Ryoko
ぶんぷり日記
描いていく。
Endless story
+藍色+
K's Sweet Ki...
暮らし
賞味期限過ぎてます
うさぎのつぶやき
とちぎ園芸 スタッフブログ
僕生活
Couleur
眺めのいい部屋@かまくら
飛んでも五分歩いても五分
珈琲はいかが
Gardenうさぎ
Quercus クエルクス
Macと音楽と木工と ....
りえ's Cheerfu...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
三日三晩の土用干
a0079259_1440161.jpg

週間天気予報と手帳の予定とを照らし合わせて土用干の日程を決めます。

                三日後

a0079259_14403447.jpg
うっすらと塩を吹きしっかり干し上がりました。

私は梅干は昔ながらのしょっぱい梅干が好きです。減塩という言葉は顧みずいつも塩の割合は17~18%で漬け始めます。そして梅の重さの2倍と言われている重しもしません。でも2~3日でちゃんと水も上がるしカビも生えないし、梅も程々にしんなりする、とうことがここ4~5年で分かりました。塩の割合が高いせいか、毎日梅と塩の入った容器を揺するせいか、美味しくなれよと言葉を注ぎ込むせいか定かではありありませんが、カビも生えずに土用を待ってくれます。そして1/3は干さずに梅漬けのまま瓶で保存し、残りは三日三晩天日に干します。

ひなびない味の梅干が好きなので一年間で消費出来るだけ3キロの梅を漬けます。そのうちの1キロは干さずに瓶で保存する梅漬けです。練り梅を作るときなどトロッとしているので便利ですし、日向の香りがしないのでいつでも梅の新鮮な香りが楽しめます。
[PR]
by sanpomichikara | 2012-07-30 15:00 | 料理
とちぎ朝日 豚肉-スイーツ-
a0079259_20241976.jpg
毎週金曜日に発刊されている“とちぎ朝日”に「臼居芳美の家庭料理」というタイトルで、ひとつの食材を-和・洋・中・スイーツ-とアレンジしたメニューを掲載させていただいています。今年の2月から始まり、2月「ゴボウ」3月「ウド」4月「キャベツ」5月「アスパラガス」6月「トマト」、そして今月7月は「豚肉」でスタートし今週はいよいよスイーツの週となりました。野菜のスイーツは難なく過ごしてきましたが、さて肉となるとどうしよう・・と幾分悩みましたが、スイーツと言ってもお菓子感覚でなく、甘いオードブルでもいいのではないかと、甘いお肉に仕立てました。

豚肩ロース肉の塊を紅茶で煮て、はちみつとレモンに漬け込みます。味が染みたところを薄切りにしブルーベリーソースをかけていただきます。意外やはちみつの甘さとレモンの酸味、そしてブルーベリーの甘酸っぱさがお肉とよく合うのです。チーズと一緒にいただいてもいいですね。

オードブルでお召し上がりください。
赤ワインにも良く合います。
[PR]
by sanpomichikara | 2012-07-28 20:37 | とちぎ朝日
7月のテーブル ver.Ⅱ
a0079259_724253.jpg
梅雨も明けいよいよ本格的な暑さがやって来ました。

今日のメニューは、
☆スタッフドトマト、オニオン、ズッキーニ。赤・白・緑と色合いも楽しく。
☆とうもろこし入りご飯。生のとうもろこしを包丁で削いで少しのお塩を加え炊き込みます。
☆ポテトミルフィーユオムレツ。薄切りのポテトと玉ねぎのオムレツです、フライパンでじっくり焼きます。ジェノベーゼソースを添えました。
☆巨峰のクラフティー。旬の巨峰をクラフティーにしました。まだ温かいうちにいただきます。
飲み物は生徒さん差し入れのお抹茶風味のくこ茶です。

夕食の用意・・・火の前に立つのは暑いけれど「おいしい!」の一言を励みに頑張りましょう!
手軽に美味しくできるメニューを工夫しつつ元気に夏を過ごしたいものですね。
[PR]
by sanpomichikara | 2012-07-26 07:16 | レッスン
ブルーベリー摘み
a0079259_13172527.jpg
毎年梅雨が明けるか明けないかのこの頃に「色づきましたよ~」と声をかけてくれる方がいます。
お言葉に甘えホイホイと出かけていきます。そして毎年こんなに摘んでいいものだろうかというくらいに沢山頂いてきます。
摘んでいる時はそうは感じないのですが、家に帰って袋からボウルにあけると、一番大きなボウルでも入りきれないくらいの量です。買ったら大変なことになります。よく洗い残っているヘタを取り除き、生で使う分とジャムにする分とフリージングする分と分けます。ブルーベリーの甘い匂いに包まれながらの作業は至福の時間です。
a0079259_13174387.jpg
傍らでジャムを煮ながらこちらはクラフティーです。フレッシュなブルーベリーを耐熱の器に一並べにして卵・生クリーム・砂糖・小麦粉を混ぜたものを流してオーブンで焼きます。甘酸っぱいブルーベリーとミルクの香りが楽しめるスイーツです。

♪ Special thanks to Ms.K ♪
[PR]
by sanpomichikara | 2012-07-23 13:30 | 料理
下野農園 7月のお料理教室
a0079259_2027131.jpg
今月の下野農園料理教室の風景です。
下野農園では、毎月第3金曜日に“旬の野菜を使った料理教室”が行われています。下野農園では、お食事のほかに生産者のストーリーブックを用意し、栃木県内で頑張っている素敵な農家さんをたくさん紹介しています。生産者から直接届く愛情のこもった野菜はお味も一味ちがいます。

本日の料理教室のメニューは「アスパラガスのリゾット、トマト・玉ねぎ・ズッキーニの肉詰め煮込み、紫玉ねぎのピクルス、ズッキーニのナムル、キュウリの辛子漬け、シフォンケーキのトマトジャム添え」です。
ご参加の皆さまはお料理が大好きな方ばかり。あれこれと情報交換もあり、ご試食タイムはいつも和やかに過ぎていきます。定員は10名です。お申し込みは下野農園まで、お早めにご予約ください。
[PR]
by sanpomichikara | 2012-07-21 20:40 | 下野農園
とちぎ朝日 豚肉-中華-
a0079259_814897.jpg
「茹で豚のにんにくソース」です。
中国では「雲白肉(ウンパイロウ)」と言います。茹でた豚肉を雲のように薄く切るのでこの名が付いたようです。
タレもいたってシンプルに醤油にすりおろしたにんにくを加えるだけ、豚肉の素朴な味を楽しみます。





梅雨は明けましたが、上着が欲しくなるような涼しい日が続きますね。体調管理には十分気をつけて盛夏を迎えたいものです。さて梅干の土用干しはいつになるでしょう。
[PR]
by sanpomichikara | 2012-07-20 08:17 | とちぎ朝日
とちぎ朝日 豚肉編-洋-
a0079259_7592592.jpg
豚肉シリーズ、今週は洋風「豚肉の黒ビール煮」です。
ビールに含まれる炭酸・有機酸・アルコールの働きで肉のたんぱく質がほぐれやわらかくなります。
黒ビールでなく普通のビールでも、また発泡酒でもそれぞれの風味が味わえます。

たくさんの野菜を加えて、付け合わせにマッシュポテトを添えると、ヨーロッパの香りが漂います。
[PR]
by sanpomichikara | 2012-07-14 08:16 | とちぎ朝日
とちぎ朝日 豚肉編-和-
a0079259_20532569.jpg
待ち遠しい梅雨明けですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
今日七夕様の短冊に願いを書きました・・・ご覧になりたい方は「Gardenうさぎ」に飾ってあります^^

今月のとちぎ朝日のテーマは「豚肉」です。栃木県は酪農も盛んで、乳牛は北海道についで二番目の生産量を誇ります。といいましても一位と二位の差は歴然ですが^^;

第1週は和食「豚肉のしぐれ煮」です。
しぐれ煮というと牛肉ですが、豚肉でも美味しいのですよ。
干し椎茸とごぼうも一緒に炊き合わせます。どことなく懐かしいお味に♪
[PR]
by sanpomichikara | 2012-07-07 21:18 | とちぎ朝日
スロヴァキア大統領 来日
a0079259_2135644.jpg
スロヴァキア共和国のイヴァン・ガシュパロヴィチ大統領、ミロスラフ・ライチャーク副首相兼外相、トマーシュ・マラチンスキー経済大臣が6月26日から6月30日の間、来日されました。6月28日にホテルニューオータニにおいて歓迎パーティーが行われました。幸いなことにスロヴァキアの料理学校で日本の家庭料理を御披露したことがご縁で、私もご招待を頂戴しました。政府要人はじめ高円宮妃殿下もご出席されていました。中央が大統領ご夫妻です。お土産に用意した英語版日本料理の本を差し上げることができました。(自分で書いた本でないのが残念ですが、主婦の友社から出ている素晴らしい本です)大統領に「今度スロヴァキアで私に日本の料理を作ってください」と言われ感無量です。
a0079259_21363792.jpg
写真中央は高円宮妃殿下と歓談されるアンドレィ・クリナ氏です。下左の写真はトマーシュ・マラチンスキー経済大臣と石川名誉領事、中央はスロヴァキアで生産されたVWです。
a0079259_21371328.jpg
この度の大統領の随行員の中にお友達が三名いました。彼らと東京で会えたこともとても嬉しかったです。美味しそうなお料理も数々並んでいたのですが、友人・知人とお話したり写真を撮ったりで食べるどころでなく、お口に入ったのはスロヴァキアから運ばれてきたワインとショートケーキ一個だけ・・・。そして、夢のような素晴らしい時間はあっという間に過ぎて行きました。

今度はいつ行けるでしょうか、スロヴァキア。
[PR]
by sanpomichikara | 2012-07-01 21:51 | 風景・出来事