散歩道から
by sanpomichikara
カテゴリ
全体
レッスン
料理
下野農園
風景・出来事
花・果実
ペット
観劇・美術・音楽
絵手紙
NIKKO is NIPPON
Slovakia Cooking
とちぎ朝日
道の駅しもつけ
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
フォロー中のブログ
フランス美食村
Papa's Diary
きまぐれ日記/Ryoko
ぶんぷり日記
描いていく。
Endless story
+藍色+
K's Sweet Ki...
暮らし
賞味期限過ぎてます
うさぎのつぶやき
とちぎ園芸 スタッフブログ
僕生活
Couleur
眺めのいい部屋@かまくら
飛んでも五分歩いても五分
珈琲はいかが
Gardenうさぎ
Quercus クエルクス
Macと音楽と木工と ....
りえ's Cheerfu...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トケイソウ
a0079259_7383679.jpg
花を見れば名前の由来についての説明は不要でしょう。英名はパッション・フラワー。別名ボロンカズラです。passion = 激情 ではなく、the Passion = キリストの受難 のことだそうです。雄しべの花柱をキリストに、副花冠を後光にたとえたものであるといわれているとか。そのように見えるような見えないような。パッションフルーツという果物がありますが、その花はクダモノトケイソウと呼ばれこれに良く似た花を咲かせます。雨の中きれいに開きました。花が終わるとパッションフルーツのような小さな実をつけます。それにしても雨が続きますね。今日明日は曇りのようですが、各地での雨による災害がこれ以上増えないことを祈ってます。今日も仕事です。よって奥日光ハイキングはおあずけです。
[PR]
# by sanpomichikara | 2006-07-22 07:54
ヤマユリ
a0079259_2385092.jpg
日光への出稽古に行く道すがらヤマユリを見かけました。
昨年開通した(旧)今市市から大谷川沿いに日光市へと続く道。
最近、日光へ行く時はこの道を利用します。
a0079259_2392357.jpg
歩道の植え込みに咲いていたので植栽されたものかと思いますが、この日光への道にとてもふさわしく馴染んでいました。思わず車を止めてシャッターを。大谷川はこの長雨で水量が増し、河川工事がなされたブロックを轟々と流れていました。今日は午後になって雨も上がりましたが、雲の流れは早く、また山から上がる蒸気は雲となるのでしょう、青黒い塊となっていました。教室が終わった21時の日光は、涼しいと言うよりは寒さを感じます。でも、好きです・・・この空気。月に一度の出稽古、その楽しみはこの空気に触れられることかと思いました。

そして、今日気づきました。
市町村合併に伴い「日光市教育委員会」が「日光教育行政事務所」に変わっていました。
[PR]
# by sanpomichikara | 2006-07-19 23:22 | NIKKO is NIPPON
ヘデラ
a0079259_8115653.jpg

雨に濡れたヘデラの青緑が美しい。
海の日を迎えたのに梅雨はまだ明けません。
待ち遠しい青空です。
[PR]
# by sanpomichikara | 2006-07-18 08:16
ジャスミン
a0079259_16244031.jpg

ジャスミンの「エンジェルウイング」という品種です。モクセイ科ソケイ属。和名は大白素馨(オオシロソケイ)ソケイとはジャスミンのことです。ニューギニア北方のアドミラルティー諸島が原産のつる性低木。葉は硬く光沢があり、白い花は良い香りがします。香水の原料に利用されるそうです。「天使の翼」なんて素敵な名前ですね。天使が舞い降りて来たかのようです。
[PR]
# by sanpomichikara | 2006-07-15 16:35
イモカタバミ
a0079259_772040.jpg

イモカタバミです。カタバミ科カタバミ属 (球根性多年草)南アメリカ原産の帰化植物で芋状の塊茎があり、小芋ができて増えるのでこの名が付いたそうです。ムラサキカタバミと似ていますが、違いは、おしべの葯の色がイモカタバミは黄色でムラサキカタバミは白色。またイモカタバミの花の中心部は濃い紫色というのも特徴です。花の同定は難しいですね。5月末頃から長い期間楽しむことが出来ます。梅雨が明け日差しが強くなると花も終わります。蒸し暑い毎日。梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。

a0079259_11431842.jpg

こちらがムラサキカタバミです。
[PR]
# by sanpomichikara | 2006-07-13 07:20
チャービル
a0079259_18391578.jpg
チャービルはシソ科の一年草です。5月の初めに種を蒔きました。ふさふさと生い茂りツーンと伸びた枝に花が咲きました。梅雨明け頃に種がこぼれ、また秋口になると二度目の収穫が楽しめます。
柔らかそうな新芽を摘んで、サニーレタスをベースにしたサラダにルッコラやスープセロリの葉などと一緒に入れると、とても美味しいハーブサラダになります。 たくさんあるハーブもほとんどがシソかセリの仲間です。





ハーブいろいろ

シソ科
シソ・ミント・バジル・ラベンダー・セージ・レモンバーム・タイム・ローズマリー・オレガノ・マージョラム・ラムズイヤー

セリ科
パセリ・チャービル・フェンネル・コリアンダー・キャラウェイ・ディル・スープセロリ・クミン

キク科     カモミール・エストラゴン・ヤロウ
アブラナ科   クレソン・ルッコラ(ロケット)・マスタード
ユリ科      チャイブ
ムラサキ科   ボリジ
イネ科      レモングラス
クスノキ科   シナモン・ローリエ
[PR]
# by sanpomichikara | 2006-07-10 18:53
オレガノ
a0079259_9501639.jpg

オレガノはシソ科の多年草です。ほろ苦い清涼感があり、生もしくは乾燥させて香辛料として使います。トマトやチーズと相性が良く、ピザのスパイスには欠かせません。とても丈夫でこれから夏にかけ葉が茂り花壇を占領します。葉だけでなくこんな可憐な花も楽しめます。
[PR]
# by sanpomichikara | 2006-07-09 09:47
ヤマアジサイ
a0079259_8375982.jpg

いつかのヤマアジサイ(紅)が七変化の名の通りこんなに紅くなりました。
[PR]
# by sanpomichikara | 2006-07-08 08:46
アマガエル
a0079259_16315682.jpg
体長3cm弱の小さなアマガエル。朝方バラやアイビーの葉にたくさんとまっています。爬虫類はあまり得意ではありませんが、このアマガエルは大丈夫です。愛嬌のある顔をしています。これからの季節、夜になるとカエルの合唱が響きます。しばらくするとそれにコオロギも加わり、賑やかになります。はっきりしない天気が続きます。梅雨明けが待ち遠しいですね。夏は暑いけれど、嫌いな季節ではありません。
[PR]
# by sanpomichikara | 2006-07-07 16:46
ビヨウヤナギ
a0079259_646793.jpg
ビヨウヤナギなのかビョウヤナギなのか定かでないようです。牧野植物図鑑では「日本名、未央柳の意味か、または美容柳の意味であるか、くわしくわからないが、いずれもその花が美しいことと葉の細いことを柳になぞらえて名づけたものである。」とさらっと記してあります。オトギリソウ科と言うのは納得です。もうしばらくすると奥日光でも良く見かけるオトギリソウ。花の形がそっくりです。花の大きさを20倍ほどに拡大したようです。トモエソウやキンシバイにも似ていますが、いずれもオトギリソウ科なのですね。昨夜の雨でほとんどの花が散ってしまいました。それでも蕾がわずかに残っています。6月半ばから長いこと楽しませてもらいました。
[PR]
# by sanpomichikara | 2006-07-06 06:55