散歩道から
by sanpomichikara
日本の家庭料理教室 in Slovakia 2012 vol.6 「スロバキアの民族衣装」
a0079259_17124932.jpgバンスカー・シュテアヴニツァというスロバキアの中心点のある鉱山の町から20km程南に進むクルピナという町に出ます。このクリピナに「すき!すき!スロバキア」のポンセさんこと邦子さんが住んでいらっしゃいます。邦子さんは五人のお子さんのお母さんでもありますが、旅行会社の社長さんでもあります。この日は邦子さんに一日クリピナを案内していただきました。
a0079259_17131238.jpgここは街が一望できる小高い丘の頂上にある塔です。この塔はトルコ軍が攻めてくるのを見張る見張りの塔だったそうです。
a0079259_17132770.jpg
a0079259_17134228.jpgクルピナの町が一望できます。
a0079259_1714729.jpgこの左手の丘の向こうはハンガリーです。
a0079259_17142319.jpgこの町の南部にあるハンガリーとの国境の村スタラーホラを案内してくださった邦子さんのお友達です。お友達のお衣装はスロバキアのおばあさんが着ている代表的な格好です。

ここはこの村の一角にある民族の生活と衣装の博物館といった建物です。二部屋ほどのとても小さな建物なのですが、管理をするおばあさんの郷土愛が詰まっています。
a0079259_17143916.jpgこれは花嫁衣装です。
a0079259_1714524.jpgレースや刺繍の衣装は花嫁のお母さんが作るそうです。とても細かいレース編みですがとても綺麗にできています。昔はなんでも手で作ったのですね。
a0079259_1715611.jpg白い生地に明るい色の刺繍が美しい。
a0079259_17153810.jpgこれは花婿さんの衣装です。今でもフォークダンスの時にはこの衣装に似ているものを着ているようですね。
a0079259_17155091.jpgこちらは赤ちゃんを抱いていますが、ミセスになると少し地味な衣装になるようです。日本の着物でも同じことが言えます。
a0079259_1716498.jpgこれは結婚式の時に頂いたお祝いのお品、こうして皆さんにお披露目するそうです。
a0079259_17161914.jpgお嫁入りの荷物を積む荷馬車をこのように花で飾るのそうです。
a0079259_17163319.jpgこれは花嫁衣装の帽子です。
a0079259_17164873.jpg結婚式にこのような寝具を花嫁さんが用意するのだそうです。詳しい話は忘れましたが、寝具一揃いで何キロとか決まっているそうです。これも全て刺繍です。
a0079259_17173831.jpg鉄のアイロンです。手前のものは鉄の塊といったものでアイロンごと熱して使うそうです。真ん中のものは中に炭を入れるタイプ、これは見たことがあります。
a0079259_17202496.jpg
a0079259_1720785.jpg
a0079259_17175251.jpgさてこれは何でしょう?

答:ブーツ脱ぎ
中央のくぼみにかかとを引っ掛けてぐいっと脱ぐそうです。アイディアですね。
a0079259_17182574.jpgこの村の家々の地下にはトルコ軍が攻めてきた時に身を隠す洞窟があり、お隣の家の洞窟とつながっているのですが、現在では各戸ごとに塞がれているそうです。現在はこの洞窟はワインの倉庫として使われています。
a0079259_18121549.jpga0079259_17184159.jpg
a0079259_17185731.jpg
a0079259_17191328.jpg前々回のスロバキア訪問の時に一度だけお目にかかった邦子さんと再会です。今月で一歳になったばかりのベンちゃんはおうちでパパさんとお留守番でした。一日ご案内をいただきありがとうございました♪またお会いできることを祈っています。
[PR]
by sanpomichikara | 2012-11-25 17:26 | Slovakia Cooking
<< 12月のテーブル 日本の家庭料理教室 in Sl... >>