人気ブログランキング |
カテゴリ:レッスン( 177 )
8月のテーブル
遅い梅雨明けでしたが、明けたとたんに猛暑、堪えますね。
でも暑い暑いと言っていても仕方ありません。体力を備えて、暑さに負けないように各々が対処しましょう。キッチンでもなるべく火を使わないで済ませたいものですが、思い切って煮込み料理!豚肉には疲労を回復させるビタミンB1が多く含まれています。意識して摂取するように心がけます。付け合わせにはフェットチーネ、そしてニンジンのグラッセときゅうりのピクルスを。スイーツは今がシーズンのイギリスのお菓子、サマープディング。ブルーベリー・ラズベリー・リンゴンベリー・ジューンベリー、そして苺。フレッシュな時に冷凍して保存しておいたものと、冷凍ものとをミックスして使います。薄切りの食パンをボウルに敷き詰めて、砂糖で煮たベリー類を詰めます。一晩冷蔵庫で寝かせて出来上がり。バニラアイスを添えていただきます。とても簡単にイギリスのティータイムを楽しめます。
昨日から梅干しを干し始めました。今年も美味しい梅干しになりますように。
a0079259_16144134.jpg
a0079259_16144581.jpg
a0079259_16144798.jpg
a0079259_16145050.jpg
a0079259_16145343.jpg
a0079259_16145575.jpg
a0079259_16145822.jpg
a0079259_16150004.jpg

by sanpomichikara | 2019-08-05 16:27 | レッスン
7月のテーブル
7月の自宅レッスンが始まりました。今月は韓国料理。牛肉のサンジョク、冷麺、オイキムチ、胡麻団子です。サンジョクは宮廷料理や法事の時に作られる済州島の料理だそうです。薄切りにした牛肉を包丁の背でたたいて下味をつけ、二本の串に刺して焼きます。冷めてから半分に切り、焼き鳥のように一本の串で頂きます。韓国人の友人から教えてもらった料理ですがすっかり馴染みの料理となりました。オイキムチは下漬けをしたきゅうりに大根・しょうが・ネギの千切りを隙間なく詰め込みます。パクパクといくらでも食べられてしまいます。冷麺は手軽に冷や麦を使いました。みんな大好きな胡麻団子はホットプレートのたこ焼き器で揚げ焼します。油も少なくてすみます。オミジャと一緒に頂きます。ナプキンワークはシャツです。花柄のペーパーナプキンを用いたのでブラウスになりましたね。
肉・野菜・穀類をバランスよく摂取して体調を整え、梅雨明けを迎えましょう。
a0079259_12030241.jpg
a0079259_12030285.jpg
a0079259_12030247.jpg
a0079259_12030235.jpg
a0079259_12030361.jpg
a0079259_12030677.jpg
a0079259_12030632.jpg
a0079259_12013665.jpg
a0079259_12012730.jpg

by sanpomichikara | 2019-07-05 12:20 | レッスン
6月のテーブル
梅雨入りの日、6月の自宅レッスンが始まりました。今月のテーマは「夏野菜を美味しく」です。
ズッキーニ、ナス、トマト、新タマネギ、きゅうり等、ピカピカの夏野菜が店頭に並び始めました。地方に住んでいていいところは、直売所で新鮮な野菜を求めることができること。生産者の顔が見られる直売所はどこよりも好きなマーケットです。
メニューは、水も油も使わないチキンカレー、夏野菜のティアン、きゅうりのヨーグルトサラダ、そしてミルクプリン。カレーには刻んだパクチーを混ぜたパクチーライスを添えます。パクチーNGな方はそのままで。ティアンはチーズを乗せて焼いてもOK。きゅうりのヨーグルトサラダは水切りヨーグルトでドレッシングを作り、きゅうりと和えます。ミルクプリンに添えたリーフ型のスポイトに入っているのは苺のシロップ。苺を冷凍させてから果汁を抽出させて作るシロップです。
先日はジューンベリーを摘みに行ってきました。ブルーベリーとはまたちょっと違った味わいのジューンベリーは爽やかな香りと甘みがあります。半分はジャムに、半分は冷凍庫に保損しました。
a0079259_10214270.jpg
a0079259_10214209.jpg
a0079259_10214369.jpg
a0079259_10214343.jpg
a0079259_10214347.jpg
a0079259_10214373.jpg
a0079259_10214245.jpg
a0079259_10214291.jpg
a0079259_10214228.jpg
a0079259_10214952.jpg
a0079259_10404073.jpg
a0079259_10404034.jpg
a0079259_10404000.jpg

by sanpomichikara | 2019-06-10 10:41 | レッスン
5月のテーブル
令和と言う新元号を健やかに迎えられたことを大変うれしく思います。
そんな大型連休も終わり、今月の自宅レッスンが始まりました。今月のテーマは”サラダバイキング”
8種類のサラダとポップオーバーで満足サラダランチです。
使った食材は、ビーツ・キャベツ・レンコン・セロリ・ニンジン・松の実・アボカド・玉ねぎ・サーモン・クレソン・トマト・カリフラワー・ワイルドライス・ひじき・茄子・椎茸・蕎麦の実・パプリカ・ズッキーニ・ゴボウ・レタス・鶏肉・卵・豆腐、計24種類。豊富な食材が身近で入手できることがありがたい。連休で不規則だった食生活の身体がデトックスされたような気がします。
a0079259_15222302.jpg
a0079259_15222917.jpg
a0079259_15223075.jpg
a0079259_15223035.jpg


a0079259_11192361.jpg
a0079259_15223913.jpg


a0079259_11204106.jpg
a0079259_15224041.jpg
a0079259_15224043.jpg
a0079259_15224006.jpg
a0079259_15224063.jpg
a0079259_11204622.jpg

by sanpomichikara | 2019-05-08 15:25 | レッスン
4月のテーブル
4月の自宅レッスンが始まりました。
今年の桜は、開花宣言がされてから急に花冷えとなり、開花も足踏み状態。例年よりも長く楽しめているような気がいいたします。
今月のメニューはメキシコ料理。そもそも私がメキシコ料理にはまった理由は、昨年末にオーストラリアから帰国した息子が”タコス”を作ってくれた時からです。アメリカやオーストラリアでは若者に人気のメキシカン料理、アメリカではメキシコ料理というよりはすでにアメリカ料理になっているようです。シアトルからパースに移り住んだ息子はシアトル時代から食べ馴染んでいたと言います。トルティーヤ、チリコンカン、サルサソース、ワカモレ、ライムと共にミネストローネ。トルティーヤを8切れにカットして油で揚げたトルティーヤチップスは好きなソースと共にナチョスにします。コーンフラワーで作るトルティーヤチップスはコーンの香りがしてそのまま食べてもとても美味しいです。そしてスイーツはインポッシブルケーキ。なぜインポッシブルかと言うと、プリン生地とスポンジ生地を一緒の型で焼くのですが、焼き上がりはきちんとプリンとスポンジに分かれて焼き上がるのです。ゆえにインポッシブル=不可能なケーキと名がついたようです。作る過程と出来上がりを楽しむケーキの一つです。食べている時話題も豊富で、なんとなく元気になるメキシカン料理。ご自宅で、タコスパーティーはいかがですか?
おまけの写真は私の秘密基地のイチリンソウとニリンソウとキクザキイチゲ。今年も元気に咲き始めていました。

a0079259_16564242.jpg
a0079259_16564777.jpg
a0079259_16564586.jpg
a0079259_16572829.jpg
a0079259_16571773.jpg
a0079259_16571115.jpg
a0079259_16572686.jpg
a0079259_16570553.jpg
a0079259_16565049.jpg
a0079259_16571428.jpg
a0079259_16572044.jpg
a0079259_16565772.jpg
a0079259_18211373.jpg
a0079259_16572335.jpg
a0079259_16573256.jpg
a0079259_16573304.jpg
a0079259_16573357.jpg

by sanpomichikara | 2019-04-09 18:21 | レッスン
3月のテーブル
日曜日月曜日とまとまった雨が降り、少ししっとりした晴れの火曜日、今月の自宅レッスンが始まりました。今月のテーマは先月の栃木のレモンに続き、愛媛のネーブルオレンジです。毎年この時期に決まった生産者さんからお徳用のネーブルオレンジをお取り寄せしています。そのネーブルオレンジを使って、チキンのオレンジ煮とオレンジムースを、そして今マイブームのキッシュロレーヌ。パイ皿ではなくセルクルを使ってパイ生地を垂直にするカフェ風のキッシュです。全体に厚みがあるのでフィリングもたっぷりしていて食べ応えがあります。そしてトマトとポークリエットのブルスケッタ。このポークリエットは昨日撮影のために作ったものですが、皆様にお味見をして頂きました。大き目のプレートに盛り合わせて、おうちカフェの出来上がり。
最近フードコーディネーターの資格をお撮りになった生徒さんからワンポイントアドバイスを頂き、俯瞰で撮ったりバックをぼかしたりと、なかなか「いただきます」に至りませんでした。しかし今どきのスマホの性能は素晴らしいですね、と自画自賛でした。
a0079259_17341070.jpg
a0079259_17324668.jpg
a0079259_17341642.jpg
a0079259_17341952.jpg
a0079259_17342262.jpg
a0079259_17342586.jpg
a0079259_17343594.jpg
a0079259_17343169.jpg
a0079259_17342883.jpg

by sanpomichikara | 2019-03-05 17:43 | レッスン
2月のテーブル
今年のインフルエンザの流行のヤマは越えたのでしょうか。近所の小学校では学校閉鎖中だとか。早くに落ち着いてほしいですね。お陰様で私は何の兆しもなくすこぶる元気に過ごしております。
そんななか二月の自宅レッスンが始まりました。隣町の農家さんで栽培しているレモンがそろそろ終盤だというのでまとめて頂いてきました。以前からリクエストのあったレモンケーキをメニューに入れました。皮も安心していただくことができます。一個分の皮と果汁の入ったレモンケーキはすっぱうま!爽やかなお味に仕上がりました。
メイン料理は豚の角煮、付け合わせはレンコン、ゴボウ、ホウレン草、ネギ。どんぶりでなくお皿に盛りつけるとちょっとおしゃれな角煮丼になります。手作りの粒マスタードか練りからしを添えます。原木椎茸を使った椎茸のフランにはトリュフオイルとトリュフ塩をトッピング。わかめのアーリオオリオ、三陸のわかめを使用します。今が旬のとちおとめをソーダ水に浮かべてレモン汁を加えさっぱりと。旬の食材はそれだけで美味しいですね。風邪の菌に抵抗できるような元気な力を蓄えて残りの冬を乗り越えましょう。
a0079259_16361478.jpg
a0079259_16361769.jpg
a0079259_16362083.jpg
a0079259_16362231.jpg
a0079259_16362521.jpg
a0079259_16362775.jpg
a0079259_16363136.jpg
a0079259_16363490.jpg

by sanpomichikara | 2019-02-06 16:51 | レッスン
新年のテーブル
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
昨年はパリでのおせち料理はお休みなので、三年ぶりに日本で年を越しました。オーストラリアから帰国中の長男と、札幌から帰って来た次男とフィアンセと、計5人の賑やかな年越しとなりました。久しぶりに作る自宅でのおせち料理はいつもと変わらぬ物ばかりですが、少しだけ多めに仕込みました。こうしてつつがなく新年を迎えられることに感謝し、この一年の平穏を祈るのでした。
a0079259_21511921.jpg

そして、週明けの火曜日からさっそく自宅レッスンが始まりました。ウエルカムドリンクは塩昆布茶と雑穀米の甘酒。メニューは、茶巾寿司、バッテラ、穴子の押し寿司、伊達巻寿司、ぜんざい、抹茶わらび餅です。茶巾寿司の中身は、椎茸、筍、かんぴょう、穴子、海苔、胡麻がみじん切りとなりご飯に程よく混ざっています。バッテラは家庭でも手軽にできるしめ鯖を用います。そして小豆の炊き方、抹茶の入ったわらび餅と和のスイーツでホッコリとしめる、まだお正月が続いているようなそんなメニューでした。
a0079259_21445613.jpg
a0079259_21450348.jpg
a0079259_21450065.jpg
a0079259_21451234.jpg
a0079259_21450705.jpg
a0079259_21451700.jpg
a0079259_21451545.jpg
a0079259_21512218.jpg

by sanpomichikara | 2019-01-13 22:00 | レッスン
12月のテーブル
今年は暖冬ですね。師走に入っても小春日和のような日が続いています。2日には誕生日を迎え沢山の方からおめでとうの言葉を頂き、心新たに12月の自宅レッスンが始まりました。今月はリクエストの多かったアプフェルシュトゥルーデルをメインに行いました。このお菓子は数年前に、スロバキア人の友人のお母さんから教えていただいたものです。もちろん生地から手作りです。ヨーロッパのリンゴは日本の紅玉によく似ていて大きさも小振りです。宇都宮市の荒牧りんご園の紅玉は専用の冷蔵庫で保存されているため、今どきでも新鮮なまま頂くことができます。薄く薄く伸ばした生地にリンゴとクルミやレーズンを混ぜた詰め物を乗せ、くるくると巻いていきます。皆さん、実際にやってみると意外とできるのものですね、とほっとされていました。焼立てのシュトゥルーデルを頬張り大満足。ランチはフルーツサンドイッチ。生クリームに水切りヨーグルトをミックスした軽いクリームでフルーツサンドを楽しみました。これからせわしない暮れを迎えますが、風邪などひかないように注意して過ごしたいものです。

a0079259_18153040.jpg
a0079259_18153501.jpg
a0079259_18194830.jpg
a0079259_18180759.jpg
a0079259_18181203.jpg
a0079259_18183157.jpg
a0079259_18180556.jpg
a0079259_18154582.jpg
a0079259_18155103.jpg




by sanpomichikara | 2018-12-07 18:35 | レッスン
11月のテーブル
10月末からオーストラリアの西海岸の都市パースからタイのバンコクと10日間ほど旅行をしました。
パースに住む息子にとても久しぶり会い、パース市内をブラブラしたりスワンバレーワイナリーツアークルーズを楽しんだり、フリーマントルのブルワリーでビールを試飲しながら夕陽を見たり、楽しい数日を過ごしました。何よりも、パース市民に溶け込んで少しばかり成長した息子の姿が垣間見られたことが何よりも嬉しかったです。帰路にバンコクに立ち寄りました。バンコクではマリサラングージのお料理教室とブルエレファントレストランのお料理教室と、二か所でタイ料理を学んできました。料理のテクニックのみならず、クラスの進め方や環境などもとても勉強になりました。帰った翌日から、旅の余韻に浸る間もなく自宅レッスンが始まりました。
今月のテーマはさながら「多国籍料理」アメリカのケイジャン料理からフランスの家庭料理まで、毎回ですが自分の好物に傾向したメニューとなりました。サーモンと海老のニューオーリンズ風は、ケイジャンスパイスをミックスするところから始まります。バターと蜂蜜の甘さとケイジャンスパイスのミックスは日本人好みの味のように思えます。そしてパースのイタリアンで食べてお気に入りとなったスーパーフードサラダ、早速再現してみました。もう一つは、生徒さんからリクエストの多かったアリゴ、こちらはフランスの家庭料理です。カテゴリーはポテト料理かチーズ料理か・・・やはりチーズ料理と思います。新鮮なモッツアレラチーズがビヨ~ンと伸びてくれます。スイーツはガトーダミエ。サンセバスチャンとも言われるようですが、フランスでもスペインでもサンセバスチャンと言うケーキはないようです。ダミエ柄の秘密はまた後程に。
バンコクで求めたテーブルクロスとセラドン焼きがテンションを上げてくれます。
a0079259_20243529.jpg
a0079259_20244764.jpg
a0079259_20244640.jpg
a0079259_20244785.jpg
a0079259_20243692.jpg
a0079259_20244653.jpg
a0079259_20243675.jpg
a0079259_20254868.jpg
a0079259_20243697.jpg
a0079259_20244695.jpg
a0079259_20243524.jpg
a0079259_20243632.jpg
a0079259_17163709.jpg

a0079259_20243544.jpg

by sanpomichikara | 2018-11-08 20:48 | レッスン